サッカーW杯、日本は最低でも「ベスト16」・・・さらに上も目指せる=中国メディア

サッカーW杯、日本は最低でも「ベスト16」・・・さらに上も目指せる=中国メディア
サッカー日本代表は27日、キリンチャレンジカップ2014でキプロス代表と対戦、DF内田篤人のゴールによって1-0で勝利した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 サッカー日本代表は27日、キリンチャレンジカップ2014でキプロス代表と対戦し、DF内田篤人のゴールによって1-0で勝利した。中国メディアの捜狐体育は27日、ワールドカップ(W杯)ブラジル大会に出場する日本代表について、「最低でもベスト16は可能で、運が良ければさらに上を目指せる」と伝えた。

 記事はなでしこジャパンがすでに2011年W杯で優勝した経験を持つことと合わせ、「日本の男子サッカーも急速な成長を見せているが、W杯での最高成績はベスト16にとどまっている」と紹介。

 さらに日本の実業団チームでプレーした経験を持ち、杭州緑城で監督を務めた岡田武史氏のもとでアシスタントコーチを務めた高昇氏が「理にかなった選手起用を見せる日本代表は現在、成熟期にある」と語ったことを伝え、日本代表の予選リーグ突破は確実であり、運が良ければ歴史的快挙もあり得るとの見解を示した。

 さらに世界最速でW杯出場を決めた日本代表のメンバー構成について、高昇氏が「岡田武史氏が率いて南アフリカ大会に出場した時のメンバーも残っており、さらに成長を見せた新しいメンバーもいる」と指摘、メンバー構成は非常にすばらしいと評価したことを紹介。

 続けて「主力選手の大半が欧州でプレーしており、彼らの年齢や経験もまさしくピークにあると言える」とし、主力選手が長い期間にわたって日本代表でともにプレーしていることを考えれば、「ブラジル大会は日本代表が成績を残すうえでふさわしいタイミング」と論じた。また、日本の攻撃陣には才能豊かな選手が数多くいると指摘、「もはやオフェンスには問題はない」と伝えた。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年5月30日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。