台湾のデング熱、感染者が1万人を突破・・・流行中心の高雄市では9500人超

 台湾では高雄市を中心に、デング熱の感染者が現在も増加している。台湾・衛生福利部疾病管制署によると、2014年1月1日から11月7日までの累計感染者は1万37人に達した。デング熱流行が最も深刻な高雄市では、同期累計感染者が9591人に達した。

 台湾・衛生福利部疾病管制署は発病日ベースで、デング熱感染者数を発表している。1月から10月までの感染者数は、24人(1月)、17人(2月)、15人(3月)、18人(4月)、25人(5月)、111人(6月)、395人(7月)、989人(8月)、2281人(9月)、5446人(10月)だった(数字は随時修正されている)。

  9月の感染者は1日当たり76.0人、10月は175.7人だった。11月1-7日の発症者は716人で、1日当たりでは102.3人。1日当たりの発症者で10月よりもかなり低下したが、9月以上の高い水準だ。

 高雄市以外の感染確認者数は屏東県(144人)、台南市(86人)、台北市(56人)、新北市(45人)、台中市(35人)、桃園県(23人)、澎湖県(11人)の順。その他の県では感染確認者が10人以下。台湾本島から離れた金門県と連江県での感染確認例はない。(編集担当:如月隼人)


【関連記事】
人民日報「エボラとの戦い、中国は行動中」、BBC「資金も出さないと不満の声」
中国人、なぜエボラに関心持たない?・・・「野蛮人の疫病と思っているから」=国外在住の専門家が自国民批判
広東のデング流行「人災」の側面・・・街中ごみ、放置で蚊が発生、清掃作業員発病、放置のごみさらに増大
怒りにまかせて鉛筆飲みこみ5年間・・・男性の腹の中から取り出す、臓器損傷なし=中国
発酵食品「臭豆腐」食べて多臓器障害・・・医師「糞便に漬けて作ったまがい物でしょう」=中国・浙江

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2014年11月8日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。