「日本人は良いもの作る」・・・満鉄「あじあ号」を評価する中国メディア

「日本人は良いもの作る」・・・満鉄「あじあ号」を評価する中国メディア
上海市に拠点を置くインターネットメディアの澎湃新聞は4日「“超特急”あじあ号:80年前の中国最速の列車は日本人が作った」と題する記事を配信した。あじあ号の豪華さや性能を強調し、その後の新幹線建設のきっかけの1つにもなったと論じた。読者からは「日本人はよいものを作る」、「(旧満州国領域の)東北人はやみくもに日本人を恨んだ。台湾人とは違うな」などの声が寄せられた。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 上海市に拠点を置くインターネットメディアの澎湃新聞は4日「“超特急”あじあ号:80年前の中国最速の列車は日本人が作った」と題する記事を配信した。あじあ号の豪華さや性能を強調し、その後の新幹線建設のきっかけの1つにもなったと論じた。読者からは「日本人はよいものを作る」、「(旧満州国領域の)東北人はやみくもに日本人を恨んだ。台湾人とは違うな」などの声が寄せられた。

 同列車を走らせた南滿洲鉄道(満鉄)は「中国の東北地方で植民地開発を実行するための組織」と紹介。満洲国についても中国の通例に従って「偽満州国」と表記したが、日本をとりたてては非難・批判しなかった。

 あじあ号については、満鉄が「世界の標準を凌駕する」ことを目的に、費用を惜しまず開発したと紹介。「大陸の黄砂を防ぐための完全密閉式の車両」「客車は空調完備」、「二重窓で騒音を遮断」、「車両にはマグネシウムやアルミ合金も使い、高速と軽快さを実現」など、特長を多く取り上げた。

 展望車や食堂車も詳しく紹介。メニューや食器類についても触れた。あじあ号の印象的な蒸気機関車「PASINA」の流線型の外観は当時の川西飛行機が風洞実験で空気抵抗を測定したと紹介。PASINAの最高時速は140キロメートルだが、軌道に震動が発生するため営業上の最高時速は130キロメートルだったことにも触れた。

 記事はあじあ号と新幹線の関係についても言及した。当時の日本の鉄道省は満鉄とライバル関係にあり、1939年には「弾丸列車」構想を打ち出した。さらに1940年には東京と下関を結ぶ「新幹線」建設が始まった。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2015年1月5日のIT記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。