THE GOOD-BYE、ライブツアーで24年ぶりの新曲発表!:前編

THE GOOD-BYE、ライブツアーで24年ぶりの新曲発表!:前編
2013年に結成30周年を迎えたロックバンド「ザ・グッバイ」が、31周年目に突入した14年11月にライブツアーを行った。ツアータイトルは「30th ANNIVERSARY LIVE ENCORE TOUR」。1年前の記念ライブを大成功に終えてのアンコール公演で、新曲を披露するなどサプライズと感動にあふれるライブとなった。(写真は「イクセルエンターテイメント」提供)(サーチナ)
 2013年に結成30周年を迎えたロックバンド「THE GOOD-BYE(ザ・グッバイ)」が、31周年目に突入した14年11月にライブツアーを行った。タイトルは「30th ANNIVERSARY LIVE ENCORE TOUR」。1年前の記念ライブを大成功に終えての、アンコール公演が実現したのだ。

 名古屋ボトムライン、大阪なんばHatchを廻り、ツアーファイナルを飾った会場は東京国際フォーラム。メンバーの野村義男・曾我泰久・衛藤浩一のシルエットがステージに浮かび上がると大歓声が沸き起こり、満員の観客が一斉に立ち上がった。

 オープニング曲は「祭り気分でTAKE A CHANCE」。曾我のギターソロが会場に響き渡って、ライブがスタートした。「オープニングにぴったり!」という、曾我と野村の思いが一致した選曲だったそうだ。

 モータウン系サウンドがベースになっている「LET’S GET TOGETHER」、ザ・グッバイ名義で初めて世に出した「DanceX3」と軽やかなナンバーが続き、場内は一気に華やかでポップなザ・グッバイワールドへ。なつかしい曲ながらも、結成から四半世紀を超えた“今のザ・グッバイ”が奏でて歌うカッコいいサウンドが広がった。

 今回のライブについて特筆すべきは、2つのサプライズが用意されていたこと。1つ目は、ファンの予想を裏切るかのようなセットリストだ。昨年のライブでは演奏しなかった曲を中心に選んだそうで、「摩訶WHO SEE議」、「Misty Night」、「僕らの祈り」、「やさしく溶かしてDon’t You Know」ほか、シングルではない曲が多く聞けた。ステージ演奏がめずらしい曲もあり、貴重な機会だったと言えるだろう。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2015年1月28日の韓流記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら