THE GOOD-BYE、ライブツアーで24年ぶりの新曲発表!:後編

 ステージに立った野村・曾我・衛藤。3人を天国から見守る、メンバーの加賀八郎さん。そして今回のツアーをサポートした2人のキーボーディスト、田口智治と大坪正。田口が加賀さんのベースパートを再現していた。彼らミュージシャンと客席全員の「ザ・グッバイの音楽って最高に楽しい!」という真っ直ぐな心が、ツアーの大成功を導いたのだと思う。

 メンバーに感想を聞くと、曾我「ザ・グッバイが幅広い音楽性を持っていたことに、改めて気付いたツアーになりました。僕自身楽しみましたが、客席のみんながすごく楽しんでいるのも伝わってきました」、衛藤「やり終えた感のある、盛り上がったツアーでした。義男とやっちんのギターに囲まれ、2人の歌声が前にあるのはやっぱりいい! 楽しくて、もっとライブやりたいって思いました」と話していた。

 1983年にデビューしたザ・グッバイは、ロックバンドでありながら当時はアイドル視されていた。だがメンバー全員で渾身の力と愛情を込めて曲作りに取り組み、その実力と作品のクオリティで評価を高めてきたバンドだ。80年代を駆け抜けた活動の記録は、J-POP界のパイオニア的な存在だという声もある。

 今やミュージシャンとして個人で活躍中のメンバーだが、ザ・グッバイへの想いも深くニューアルバムのリリースを計画中。今回のツアーでお披露目となった新曲が、カギをにぎることになりそうだ。ファンがいる限りザ・グッバイはあり続けると信じて、リリースされる日を待っていたい。(取材・文責:饒波貴子)(写真は「イクセルエンターテイメント」提供)


【関連記事】
THE GOOD-BYE、ライブツアーで24年ぶりの新曲発表!:前編
30周年イヤー進行中!THE GOOD-BYE曾我泰久&衛藤浩一にインタビュー:1
30周年イヤー進行中!THE GOOD-BYE曾我泰久&衛藤浩一にインタビュー:2
曾我泰久、デビュー40周年迎えさらなる前進~インタビュー前編~
曾我泰久、デビュー40周年迎えさらなる前進~インタビュー後編~

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2015年1月29日の韓流記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。