曾我泰久、ソロ活動25周年イヤーは「音楽に触れる楽しさを伝えていきたい」:前編

曾我泰久、ソロ活動25周年イヤーは「音楽に触れる楽しさを伝えていきたい」:前編
活動の中心をライブに置きながら役者としても舞台に立ち、エネルギッシュな活躍を続けている曾我泰久(そが やすひさ)。2015年4月にソロデビュー25周年ライブを控えている中、昨年を振り返り今年にかける思いを語ってもらった。「前編」では、14年11月に開催したザ・グッバイのツアーについて聞いた。(写真は「イクセルエンターテイメント」提供)(サーチナ)
 活動の中心をライブに置きながら役者としても舞台に立ち、エネルギッシュな活躍を続けている曾我泰久(そが やすひさ)。2014年のビッグイベントとしては3月に芸能生活40周年を迎え、11月にはリーダーをつとめるロックバンド【THE GOOD-BYE(ザ・グッバイ)】のライブツアーを行った。

 15年4月にソロデビュー25周年ライブを控えている中、昨年を振り返り今年にかける思いを語ってもらった。「前編」では、ザ・グッバイのツアーについて聞いた。

――2013年、ザ・グッバイは結成30周年の記念ライブを開催しましたが、14年にはアンコールツアーを行いました。大成功で幕を閉じたツアーでしたが、感想を教えてください。

 13年には1日2回公演を行ってハードだと感じていました。でも14年は3日連続で名古屋・大阪・東京を回るスケジュールで、よりハードでした。ですが客席のみなさんがすごく楽しんで下さって、それに乗せられて僕らも盛り上がりました。そしてみなさんも更に盛り上がってと、すごく良い相乗効果のライブができたと思っています。懐かしいファンの方の顔が、たくさん見えましたよ。

――14年のアンコールツアーのセットリストは、近年あまり演奏していなかった曲が多いように感じました。

 同じ曲をあまり入れないようにと、13年にやった曲はなるべく外したんです。2年連続で来てくださる方がたくさんいらっしゃるので、できるだけ多くの曲を聞いてもらいたい気持ちで選曲しました。13年より14年のセットリストが良かったです、っていう声を結構いただきました。ザ・グッバイの活動全盛期に演奏したことのない曲も、あったかもしれません(笑)。昔の曲はテンポが早くて、体がギターの弾き方を思い出すのに時間がかかったりして、こんな風に弾いてたの!? ずいぶん幅広い曲をやっていた! と驚くこともあったんです(笑)。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2015年2月2日の韓流記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら