約40万人を動員!「島ぜんぶでおーきな祭/第7回沖縄国際映画祭」花火で閉幕

約40万人を動員!「島ぜんぶでおーきな祭/第7回沖縄国際映画祭」花火で閉幕
沖縄県内各地で行われた「島ぜんぶでおーきな祭/第7回沖縄国際映画祭」が、29日に閉幕。映画にお笑い、コンサートにファッションショー。様々なエンターテインメントを体感できるお祭りだけあって、約40万人の来場者が訪れた。最終日のメインイベント那覇市のレッドカーペットには6万人の観客が集まり、人気男優・斎藤工が新作映画『虎影』関係者と参加した。(写真は筆者撮影)(サーチナ)
 沖縄県内各地で行われた「島ぜんぶでおーきな祭/第7回沖縄国際映画祭」が、5日間の開催期間を経て29日に閉幕。映画にお笑い、コンサートにファッションショーと様々なエンターテインメントを体感できるお祭りだけあって、大盛況。約40万人という多数の来場者が訪れた。

 最終日のメインイベントは、那覇市でのレッドカーペットだった。沖縄のシンボルとも言えるストリート、「国際通り」に長さ170メートルの真っ赤なカーペットが敷かれ、39組271人のゲストが歩行。6万人の観客を最も沸かせたのが人気男優・斎藤工の登場で、熱心な応援に「ありがとう」と伝えながらサインや握手など丁寧に応じていた。

 今回斎藤は新作映画『虎影』を引っ提げての来沖で、西村喜廣監督、鈴木宏美プロデューサー、共演女優・しいなえいひと忍者刀を片手にポーズを決め、フォトセッションにおさまった。

 芸能生活30周年を迎えた哀川翔の主演最新作『Zアイランド』も、特別招待作品として本映画祭で上映された。“スター”のオーラ全開で大歓声を浴びる哀川を先頭に、品川ヒロシ監督、共演者の木村祐一、川島邦裕(野性爆弾)、宮川大輔が続いた。演じたゾンビ姿で登場した宮川は、走り回ったり観客を驚かしたりなどサービス精神たっぷりだった。

 夏菜、トリンドル玲奈、橋本愛、IMARU、武田梨奈ら女性陣は、エレガントなドレスで来場。サクラをイメージさせるベビーピンク色のドレスで身を包んだ南明奈は、自らファンに近づき会話を交わしたり記念撮影するなど、気さくな素顔をのぞかせた。普段テレビで見ている人気スターを間近で見られ、運が良ければ触れ合えるのが観客側のレッドカーペットの楽しさと言えるが、ロバート、ジャングルポケット、パンサー、ウーマンラッシュアワー、渡辺直美ら芸人も次々登場し、ハイタッチや握手でファンサービスに努めていた。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2015年3月31日の韓流記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら