なでしこジャパン 「幸運」な組み合わせに、「絶妙」なコンビネーションで勝ち進む=中国メディア

なでしこジャパン 「幸運」な組み合わせに、「絶妙」なコンビネーションで勝ち進む=中国メディア
中国メディア・中国新聞社は24日、サッカーの女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会でオランダ代表を下して準々決勝進出を決めた佐々木則夫監督率いるサッカー日本女子代表(なでしこジャパン)について、「今大会最大の受益者である」として、ベスト8入りには運の良さもあったとする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 中国メディア・中国新聞社は24日、サッカーの女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会でオランダ代表を下して準々決勝進出を決めた佐々木則夫監督率いるサッカー日本女子代表(なでしこジャパン)について、「今大会最大の受益者である」として、ベスト8入りには運の良さもあったとする記事を掲載した。

 記事は、前回王者の日本代表が今大会では世代交代の谷間となり、実力がいくらか低下したと評価。その一方で「グループリーグから決勝トーナメント1回戦までの4つの対戦相手がいずれもW杯本大会初出場の国だった」ことをあげ、「日本が今大会組み合わせの最大の受益者だった」とした。

 そのうえで、「経験豊富な日本代表はこのラッキーを無駄にすることなく、グループリーグを1位で勝ち上がった」とした。さらに、日本時間24日のオランダ戦では前半10分に1点を先制して優位に立つと、身長とパワーで明らかに劣りながらもその技術と全体的なコンビネーションを生かし、経験不足のオランダに終始得意の攻撃を仕掛けさせなかったと評した。

 そして、後半の攻撃を凌いだ日本は「お手本のような」絶妙のコンビネーションで1点を加え2-0とリード、オランダも最後に日本の弛みに乗じて一矢報い、2-1で日本が勝利したと伝えた。この結果、アジアからは日本、中国、オーストラリアの3チームがベスト8に進出することになったとした。

 徐々に調子をあげつつあるなでしこジャパン、準々決勝では今大会初出場のオーストラリア代表と対戦する。FW大儀見優季はオランダ戦後のインタビューで「互いに手の内を知り尽くしている相手。気持ちの強いほうが勝つ」と語った。なでしこジャパンの真価が問われる戦いになりそうだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
なでしこジャパンが一流になったのは・・・「規律を尊重し、やるべきことをやってきたから」
なでしこジャパンを見よ! お金だけで女子サッカーは発展しない
なでしこジャパン、勝利の「点差」が最大の特徴!
日本女子サッカーの急速な発展は当然だった!・・・整備された育成環境
なでしこジャパン、「実力や戦術は世界最高」中国ネット民が称賛

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2015年6月25日のスポーツ総合記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら