台湾と沖縄結ぶ「島嶼音楽フェスティバル」、参加ミュージシャンにインタビュー

台湾と沖縄結ぶ「島嶼音楽フェスティバル」、参加ミュージシャンにインタビュー
台湾と沖縄の交流と協力関係の構築を目指す音楽イベント、「島嶼音楽フェスティバル」が、6月に開催された。2014年に台湾で始まり2回目の今年は、台湾からミュージシャン含む15名の関係者が沖縄を訪問。ライブ演奏し音楽を通して地元の人々と交流した。台湾と沖縄が近付いた一週間となったが、来日していた3人のミュージシャンに感想など聞いた。(写真は筆者撮影)(サーチナ)
 台湾と沖縄の交流と協力関係の構築を目指す音楽イベント、「島嶼音楽フェスティバル」(島嶼音樂季/H.O.T. Islands Music Festival)が、開催された。(6月1日から7日まで、沖縄県内各地にて)

 イベントの英語タイトルはH(花蓮).O(沖縄).T(台東)を示し、2014年に台湾東部の花蓮と台東でスタートしたとのこと。台湾と沖縄交互の開催を継続していくそうで、2回目の今年は沖縄の国頭村・読谷村・南城市が会場となり、台湾からミュージシャン含む15名の関係者が訪問。ライブ演奏し音楽を通して地元の人々と交流した。

 また工芸品作りを体験したり、共通点を探るカンファレンスの場を設けたりと、参加型の楽しいプログラムが多数実施された。中でも、人気アーティスト舒米恩(Suming/スミン)がアミ族のダンスを教えるワークショップは、台湾ミュージシャンと観客が手をつなぎ、リズムに乗って大きな円を描きながら距離を近づけていき、参加する楽しさと台湾先住民のリズムを体感できるひと時だった。台湾と沖縄が近付いた一週間となったが、来日していた3人のミュージシャンに感想など聞いた。

 パイワン族のダカナオに沖縄で過ごした1週間の感想を聞くと、「実にたくさんのことを学びました。まず沖縄の音楽と舞踊を自分なりに理解し、みなさんが住む土地を支えるために努力している姿を見て、音楽の新しい世界が見えた気分になりました。そしてゴミの分別に代表されますが、みなさん環境保護の意識が強いんですね! 自然を尊敬し、人と人とが助け合う精神を持っていると伝わりました」と語った。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2015年8月17日の韓流記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら