大腸が爆発寸前!? 大便で肥大、心臓押しのけ「命の危機」=中国メディア

大腸が爆発寸前!? 大便で肥大、心臓押しのけ「命の危機」=中国メディア
四川省成都市で8月13日、先天性の疾患で腸に約5キログラムの宿便が溜まり、10年余りにわたって心臓が右に押しやられていた27歳の男性の手術が行われ、無事成功した。中国メディア・華西都市報が8月28日報じた。(写真は華西都市報の28日付報道の画面キャプチャ)(サーチナ)
 四川省成都市で8月13日、先天性の疾患で腸に約5キログラムの宿便が溜まり、10年余りにわたって心臓が右に押しやられていた27歳の男性の手術が行われ、無事成功した。中国メディア・華西都市報が8月28日報じた。

 記事は、この男性が日常的に腹部の膨張と痛みに悩まされ続けてきたが、病院で検査を受けても異常が見つからず、「胃の不調」と思い込んできたことを紹介。8月13日になって突然耐えられないほどの激痛に襲われて同市の病院に救急搬送され、検査を受けた結果先天性の巨大結腸症であることが発覚したと伝えた。結腸の直径が健康な人の2倍ほどに肥大し、その一部が痙攣していたという。

 また、検査後には心臓の位置が結腸に圧迫されて右にずれていることも医師が発見、レントゲン写真には心臓が右側に押しやられ、横隔膜が胸腔に押し上げられて心臓の位置にまで達している様子が映っていたと伝えた。

 そして同日の夜に手術が行われ、男性の結腸から病変により長年蓄積されてきた約5キログラムほどの宿便が取り出されたと紹介。洗浄したのちに結腸の修復手術が行われ、約4時間にわたる手術は無事成功したと報じた。

 記事は、担当医が「処置が遅れていれば腸が破裂して死んでいたかもしれない。臓器の転位は呼吸に影響を及ぼすため、危険だ」と語ったこと、そして術後に順調な回復を見せている男性が「これまでにこんなに楽だと思ったことはない」と笑いながら話したことをそれぞれ伝えた。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2015年9月3日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。