中国の大型旅客機「C919」 試験飛行は延期も、国民の期待は上昇=中国メディア

中国の大型旅客機「C919」 試験飛行は延期も、国民の期待は上昇=中国メディア
中国メディアの民航資源網は8日、中国国産の大型旅客機「C919」の実機の写真が中国ネット上に掲載され、大きな注目を集めたことを紹介した。記事は、中国にとって大型旅客機C919の開発、生産は「国家戦略の1つ」であると伝え、中国の国民が大きな期待を寄せる存在であることを指摘。C919の開発が始まったのは2008年だったとし、中国唯一の国産ナローボディ機として、C919がエアバスA320やボーイング737のライバル機と・・・(写真は民航資源網の8日付報道の画面キャプチャ)(サーチナ)
 中国メディアの民航資源網は8日、中国国産の大型旅客機「C919」の実機の写真が中国ネット上に掲載され、大きな注目を集めたことを紹介した。

 記事は、中国にとって大型旅客機C919の開発、生産は「国家戦略の1つ」であると伝え、中国の国民が大きな期待を寄せる存在であることを指摘。C919の開発が始まったのは2008年だったとし、中国唯一の国産ナローボディ機として、C919が「エアバスA320」や「ボーイング737」のライバル機となることを期待されていると論じた。

 続けて、C919を開発する中国商用飛機有限公司(COMAC)はまだC919の価格を発表していないとしながらも、エアバスA320やボーイング737を下回る「1機5000万ドル(約60億2645万円)以下」となる可能性が高いと紹介した。

 また、C919はすでに507機を受注していると伝え、今後20年で世界のナローボディ機市場のうち4%のシェアを獲得する見込みだと紹介。シェアの8割は中国国内によるものとしながらも、残る2割はアジアおよびアフリカ市場で獲得する計算だと伝えた。

 そのほか記事は、C919は試験飛行のスケジュールがたびたび延期されており、「産みの苦しみ」を味わっていると指摘。もともと2018年に予定されていた交付スケジュールも2020年に延期されたと紹介する一方、C919の実機の写真がネット上に掲載されたことで中国ネットユーザーからも「中国国産の大型旅客機も中国高速鉄道のように成功の道を辿って欲しい」といった期待の声があがっていることを伝えた。(編集担当:村山健二)(写真は民航資源網の8日付報道の画面キャプチャ)


【関連記事】
ジェット旅客機「MRJ」は鼻息荒い! 日本の航空工業にとって「夢」だった
日本は中国に敵わない! 航空機産業「申し訳ないほど」の差
「C919」大型ジェット機の受注順調! 中国旅客機が世界市場の勢力図を書き換える
中国の大型旅客機「C919」・・・最強の「大脳」を装備
エアバス「ハイパーソニック機」は音速の4.5倍!・・・米国で特許取得 

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2015年9月13日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。