Mayday・マサの「突き放すひと言」が苦しむ林宥嘉を救った

Mayday・マサの「突き放すひと言」が苦しむ林宥嘉を救った
毒舌で有名なマサだが、「こいつはギャフンと言わせてやろう」という場合には「寸鉄人を指す」言い方を、「助けてやろう」と思った場合には、相手が最も必要とする言葉ということで、短いフレーズによる言語能力が「ピカイチ」ということかもしれない。(写真は編集部撮影。Maydayマサ)<br>(サーチナ)
 中華圏を中心に絶大な人気を維持する台湾のメイデイ(Mayday、五月天)だが、5人組のグループであるだけに、各メンバーの個性の違いも興味深い。突拍子もないアシン(阿信)、冷静にリーダーシップを発揮するモンスター(怪獣)、優しい心が光るストーン(石頭)、控え目だが押さえるところは抑えるミン(冠佑)と言うように。

 ベースのマサは「毒舌家」とされている。しかし、そんなマサが後輩歌手の林宥嘉(リン・ヨウヂア)の「心からの苦しみ」を救っていたことが分かった。

 台湾メディアの今日新聞が21日付で紹介したのは、林宥嘉が兵役終了後に取り組んだアルバム制作だ。台湾には徴兵制がある。林は2014年8月13日から15年月22日まで服役した。といっても、一般的な軍務に就いたのではなく、各部隊を巡って慰問公演を行っていたという。

 台湾の芸能人にとって、徴兵期間はキツい時期だ。「ファンに忘れられてしまうかも」との恐怖がつきまとう。しかし今日新聞によると、林は「徴兵期間中に創造エネルギーを爆発」させたという。自ら初めてとなる映画主題歌の歌詞も書いた。

 除隊後に行った新曲「如果我変成一首歌(もしも歌になれるなら)」の吹き込みでは、マサとデュエットをすることになった。

 録音スタジオで、林はプレッシャーに押しつぶされていたという。これからの芸能生活に大きく影響する除隊直後の活動ということで、緊張していたのだろう。

 そんな林にマサがひと言「あんた、考え過ぎだよ」と言ったという。この突き放すようなたった一言で、林は心の苦しさがすべて吹き飛んだという。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2015年10月21日の韓流記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

韓流ニュースアクセスランキング

韓流ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。