地域集中暖房の熱水パイプが爆裂、「それっ」と集まり卵をゆでる周辺住民=中国

地域集中暖房の熱水パイプが爆裂、「それっ」と集まり卵をゆでる周辺住民=中国
 中国メディア「チャイナデーリー」系列の華字ニュースサイトの中国日報中文網によると、河南省鄭州市内の紅旗路で18日日、地下に敷設していた地域集中暖房の熱水パイプが「爆裂」し、大量の熱水が地面に噴出した。周囲からから住民が集まり、流れる熱水に卵を浸して、ゆで卵を作るなどで利用した。(写真は中国日報中文網の19日付報道の画面キャプチャ)(サーチナ)
 中国メディア「チャイナデーリー」系列の華字ニュースサイトの中国日報中文網によると、河南省鄭州市内の紅旗路で18日日、地下に敷設していた地域集中暖房の熱水パイプが「爆裂」し、大量の熱水が地面に噴出した。周囲からから住民が集まり、流れる熱水に卵を浸して、ゆで卵を作るなどで利用した。

 中国中部以北の都市では、地域集中暖房の施設が整えられている。ボイラーで熱水を作り、建物を循環させる方式だ。熱水には圧力が欠けられており、パイプが破損すると、中国でしばしば見られる水道管の「爆裂」と同様に水が噴き出す。

 鄭州市は19日、最低気温が摂氏1度、最高気温が摂氏13度だった。通りを流れる熱水から蒸気が立ち上った。周辺に熱気が立ちこもった。

 中国日報網によると、修理に駆けつけた集中暖房運営会社の係員は、「湧き出した熱水の温度は摂氏70度以上。手で触ればやけどをするほど」と説明した。

 しばらくして、周囲に住む人々が集まってきた。ニワトリの卵を持っている。地面を流れる熱水にひたした。しばらく待つと、卵白部分に透明感が残り、卵黄部分はとろりとした温泉卵が出来上がったという。(編集担当:如月隼人)(写真は中国日報中文網の19日付報道の画面キャプチャ)


【関連記事】
空に飛んだ風船、高圧線に接触して水素が爆発  電線ショート、テレビ爆発・電球爆発・蛍光灯も爆発
冷凍ダック積んだトラックが火災、周辺住民「ほどよく焼けたのいただこう。それっ」=中国
高速道路でトラックが連続事故・・・周辺住民駆けつけ「こっちは魚だ。いただけ、それっ!」「こっちは白菜だ。それっ!」
ビルから紙幣が撒かれる  群がる人々合法的に「それっ。いただけ!」、風のまにまに右往左往=中国
「過積載の疑いあり! 積荷を調べる」  トラック荷台扉開けたとたん、砂利が崩れて「ドドドドド」 係官が生き埋め=中国

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2015年11月23日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。