【田川ヒロアキ インタビュー】前編:2015年、多忙な夏を振り返る

【田川ヒロアキ インタビュー】前編:2015年、多忙な夏を振り返る
さまざまな音楽シーンに身を置いて活躍しているギタリスト、田川ヒロアキ。ギターネックを逆に持つ田川式演奏法が話題になるが、目に障害を持っていることを感じさせないテクニックとギター音で、独自のスタイルを築き大きな存在感を放っている。今回は近況など聞いた。(写真提供「always」、撮影「SHIGEYUKI USHIZAWA」)(サーチナ)
       
 ソロ活動で、そしてバンドメンバーとして、また仲間たちとコラボライブを開いたりと、さまざまなシーンに身を置いて活躍しているギタリスト、田川ヒロアキ。ギターネックを逆に持つ田川式演奏法が話題になるが、目に障害を持っていることを感じさせないテクニックとギター音で、独自のスタイルを築き大きな存在感を放っている。今回は近況と最新アルバムについて聞いてみた。

 ――2015年8月、山口県で開催された世界のボーイスカウトの祭典「スカウトジャンボリー」に出演したそうですが、どんなイベントでしたか?

世界各国を舞台に4年に1回行われているイベントですが、日本開催は44年前の静岡以来だったそうです。今年の会場は私の故郷・山口県で、ふるさと大使をつとめているご縁もあってお声をかけていただきました。4万人以上いたと思われる観客の前で、20分間のソロライブ。そしてフィナーレではよさこい曲を演奏して、140人の踊り子さんと共演しました。よさこいの曲は、これまでたくさん作ってきたんです。演奏と踊りで盛り上がりながら、素晴らしいクライマックスを迎えられたと思っています。今回は村岡嗣政県知事もステージに立ち、2人でギター共演したんですよ。村岡知事は、ギタリストを目指していた時期もあった位の音楽好きで、僕のアルバムをお渡ししたら、すぐに聞いてくださって感動しました。そして故郷に帰ると、昔から応援してくれているみなさんが駆け付けて盛り上げてくださいますし、花火が上がるなどの演出も見事で、とても楽しく参加させていただいたイベントでした。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年11月24日の韓流記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。