「日本式教育」の真髄は、運動会・学芸会・動物飼育にあり!=中国メディアが評論

「日本式教育」の真髄は、運動会・学芸会・動物飼育にあり!=中国メディアが評論
中国メディア・東方早報は8日、発展途上国を中心に「日本式教育」への関心が高まっているとし、その特徴的なコンテンツとして運動会や学芸会、動物飼育の3点を挙げて解説する評論記事を掲載した。(イメージ写真提供:(C)Bidouze Stephane/123RF)(サーチナ)
       
 中国メディア・東方早報は8日、発展途上国を中心に「日本式教育」への関心が高まっているとし、その特徴的なコンテンツとして運動会や学芸会、動物飼育の3点を挙げて解説する評論記事を掲載した。

 記事は、今年8月に日本の文部科学省が「日本式教育」を海外に広めていく方針を発表したと紹介。そこには教材の編集、運動会、学芸会、動物飼育、学校給食、掃除当番、などのコンテンツが含まれているとしたうえで、なかでも日本の教育の特色が色濃く表れていると運動会と学芸会、小動物の飼育についてそれぞれ解説した。

 まず運動会については、各学校が1カ月前から準備を始めるほど重視しており、その背景には「伝統的な人と人とのつながりが希薄化するなかで、学校を中心とする地域社会の連帯意識を強化する」目的があるとした。また、親と子、子どうし、保護者どうしの交流を促進するとも解説した。

 さらに、学芸会・文化祭・学校祭については、生徒らが教室などに装飾を施し、日常とは異なる服装で演劇や模擬店といった活動を行うと紹介。「日常のルールを打ち破って自分たちをアピールする機会を与えることで、子どもの創意や個性を育む目的がある」と論じた。

 そして、小学校で一般的に行われている小動物の飼育については、自然に触れさせる目的のほかにも、命を児童にゆだねることで責任感や生から死までのサイクルの認識を芽生えさせるために実施していると説明した。

 子どものころの運動会や学芸会、文化祭といったイベントは、大人になっても特別な思い出として残っていることが多いのではないだろうか。それはみんなで何かを作り上げるという一体感や達成感によるものであるほかに、「脱日常」という要素もあるからだろう。もちろん、このようなイベントにいい思い出がない、という人も少なからずいる。

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年12月11日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。