北朝鮮で「水爆保有」発言、金正恩第一書記「爆音響かせることができる」

北朝鮮で「水爆保有」発言、金正恩第一書記「爆音響かせることができる」
 北朝鮮の朝鮮中央通信は10日、同国指導者の金正恩金正恩(キム・ジョンウン)第一書記が、最近改修を終えたピョンヤン(平壌)市内の平川革命史跡地(平川革命事績地)を訪れた際に、「水素爆弾の巨大な爆音を響かせることのできる強大な核保有国になることができた」と述べたと伝えた。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 北朝鮮の朝鮮中央通信は10日、同国指導者の金正恩金正恩(キム・ジョンウン)第一書記が、最近改修を終えたピョンヤン(平壌)市内の平川革命史跡地(平川革命事績地)を訪れた際に、「水素爆弾の巨大な爆音を響かせることのできる強大な核保有国になることができた」と述べたと伝えた。

 記事は平川革命史跡地を、北朝鮮初の兵器工場と紹介。「金日成主席(キム・イルソン)と金正日(キム・ジョンイル)総書記の不滅の指導業績が刻まれている意義深い所」と、いわゆる革命聖地であることを強調した。

 史跡地を訪れた金第一書記は「朝鮮労働党の思想活動において先軍思想教育は重大な活動だ」と発言。「金日成主席の不眠不休の労苦」があったからこそ、「わが祖国は国の自主権と民族の尊厳をしっかり守る自衛の核爆弾、水素爆弾の巨大な爆音を響かせることのできる強大な核保有国になることができた」などと述べたという。

 黄炳瑞(ファン・ビョンソ)朝鮮人民軍総政治局長、尹東絃(ユン・ドンヒョン)人民武力部副部長、趙甬元(チョ・ヨンウォン)朝鮮労働党副部長ホン・ヨンチル機械工業部副部長、チャン・チャンハの各氏が同行した。

 黄朝鮮人民軍総政治局長は11月中旬以降、公式の場に姿を見せたとの報道が途絶えていたとされるが、朝鮮中央通信の10日の記事は、金第一書記に同行したと伝えた。同記事に写真はない。(編集担当:如月隼人)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
韓国軍艦が中国公船に威嚇射撃 中国で反発「ウスノロ」、「政治も軍事も分かってない」など
中朝「因縁の地・新義州」開発、13年ぶりに合意か
中朝関係の険悪化を反映か・・・中国・国慶節への祝電、「94文字」と異例の短さ
米国よ! 中国の「埋め立て」にちょっかい出すとひどい目にあうぞ!!・・・「朝鮮戦争を忘れたか」
越境、強盗殺人の北朝鮮兵士はすでに死亡・・・多い謎、中国からも「だれが、いつ、どこで、どのように」の説明なし

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2015年12月11日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。