えっ?違うの?日本人がマスクする理由「中国と同じPM2.5のせいじゃなかった」

えっ?違うの?日本人がマスクする理由「中国と同じPM2.5のせいじゃなかった」
冬を迎えた中国北京市で大気汚染が深刻化している。北京市環境保護局は7日、同市における大気汚染警報を同日午後6時半付でそれまでの「オレンジ」から最高度である「レッド」に切り替えると発表した。北京市で「レッド警報」が出たのは初めてだ。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 冬を迎えた中国北京市で大気汚染が深刻化している。北京市環境保護局は7日、同市における大気汚染警報を同日午後6時半付でそれまでの「オレンジ」から最高度である「レッド」に切り替えると発表した。北京市で「レッド警報」が出たのは初めてだ。

 中国で冬に大気汚染が深刻化する理由の1つに「暖気(ノワンチー)」と呼ばれる集中暖房システムの存在がある。旧式の暖房システムは石炭ボイラーを用いたものであるため、二酸化硫黄やPM2.5など微粒子を含む煤煙を排出してしまい、その結果として大気汚染が発生してしまう。

 北京市の人びとにとって外出時に必須のアイテムであるマスクは、あくまでも大気汚染から身を守ることが目的だ。そんな中国人にとって、大気汚染も深刻ではない日本において、体調が悪いわけでもないのにマスクを着用している人がいることは不思議でならないことのようだ。

 中国メディアの駆動之家は「空気のきれいな日本で、たくさんの日本人がマスクを着用している様は非常に不思議な光景だ」と伝え、中国のように大気汚染が深刻なわけでもないのに、日本人はなぜマスクを着用するのかと疑問を呈した。

 記事は日本人がマスクを着用する目的として、マスク本来の使い方のほかにも、「マスクを着用し、イヤホンで音楽を聞くことで外界をシャットアウトできる」、「化粧をしていない状況でも外出できる」などと伝え、日本人にとってマスクはさまざまな用途があるアイテムであると紹介。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2015年12月13日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。