「草食系」に「女装男子」など中国で広がる男性の新タイプ、中国メディアは「理解できる」ものの・・・

「草食系」に「女装男子」など中国で広がる男性の新タイプ、中国メディアは「理解できる」ものの・・・
中国メディア・中国国際放送局は17日、日本で現在「草食系男子」さらには「絶食系男子」が増加していると紹介するとともに、中国でも同様の傾向が出始めていると伝えた。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 中国メディア・中国国際放送局は17日、日本で現在「草食系男子」さらには「絶食系男子」が増加していると紹介するとともに、中国でも同様の傾向が出始めていると伝えた。

 記事は、日本国内において近年勇猛な「肉食系男子」がどんどん減る一方で「草食系男子」が増加、最近では「絶食系男子」という新語すら誕生したと紹介。また、女性同様に肌の手入れや化粧をする日本人男性が増え、女装を趣味とする「女装男子」という層まで出現したと伝えた。

 一方、多くの「女装男子」の恋愛対象はあくまで女性であり、「女装することでストレス解消しているに過ぎない」と語っていることも併せて紹介した。

 そのうえで、中国でも「男前な女性」を示す「女漢子」という言葉が生まれるとともに、多くの男性が「草食」や「絶食」に変化し始めていると説明。その背景として「男女平等の観念が浸透するなか、社会が男性に求めるものが依然として多い。求められる基準をなかなか満たせない男子が生活上のプレッシャーを抱え、ストレスフリーな生活を望んでいる」と分析した。

 さらに、「それは理解できる」とする一方、日本にしろ中国にしろ高齢化社会の試練に直面する状況で「人生に対する男たちのかくも消極的な姿勢は、家庭や社会にとって損はあれども益はなしだろう」と論じた。

 女性の権利向上は時代や社会の進歩と言えるが、何をもって男女平等とするかという議論は今もこの先も尽きないことだろう。男性が体力的に上回り、女性が子どもを生むという生理的な問題は簡単に変えられるものではなく、完全な平等などあり得ないからだ。「違い」を認めたうえで真の平等に近づくためには、やはり男性と女性の協力的な姿勢が不可欠と言えるだろう。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2015年12月21日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。