2016年の南シナ海情勢、中国メディア「大統領選控えた米国の挑発に注意せよ」

2016年の南シナ海情勢、中国メディア「大統領選控えた米国の挑発に注意せよ」
中国メディア・環球時報は6日、新年早々南シナ海を巡る中国と日米、東南アジア諸国における論争が活発化したことかんして、中国国内の専門家が「今年は昨年ほど問題が先鋭化しない」とする一方、大統領選を控える米国による挑発的な動きに対しては警戒が必要であるとの見解を示したことを報じた。(イメージ写真提供:/123RF) (サーチナ)
 中国メディア・環球時報は6日、新年早々南シナ海を巡る中国と日米、東南アジア諸国における論争が活発化したことかんして、中国国内の専門家が「今年は昨年ほど問題が先鋭化しない」とする一方、大統領選を控える米国による挑発的な動きに対しては警戒が必要であるとの見解を示したことを報じた。

 記事は韓国・聯合ニュースが5日、中国が南沙(スプラトリー)諸島に建設した空港で飛行試験を実施したことで、日米から強い批判が出る一方、アセアン内部の足並みは揃わず、カンボジアが中国支持の姿勢を示していると伝えたことを紹介。南シナ海の実効支配を強化する中国に対し、日本・米国・フィリピンの軍事連合が行動をさらに増やし、米軍艦船が再び中国が実効支配する島の12海里以内に進入するといった負のスパイラルに陥る可能性があるとの分析も出ていることを伝えた。

 そのうえで、アモイ大学の荘国土教授が「2015年は中国が対外貿易の主要ルートと位置付ける南シナ海での存在感を明らかに強化したことから、南シナ海が注目された1年だった。フィリピンやベトナムとの直接的な衝突はなく、米国や日本が干渉してきたことがより注目された」と語ったとした。そして、今年の情勢については「わが国の建設プロジェクトは引き続き進むが、テロリズム問題が緊迫化する可能性が高く、米国がそちらに精力を注ぐ必要が出るため、15年に比べて問題は先鋭化しないだろう」と予測したことを紹介した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2016年1月7日の中国記事

次に読みたい関連記事「新京報」のニュース

次に読みたい関連記事「新京報」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュース

次に読みたい関連記事「中国新聞網」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュース

次に読みたい関連記事「参考消息」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。