日本やドイツが伝える「匠の精神」  中国も昔は「卓越」していた、衰えてしまったが今でも残っている=中国メディア

日本やドイツが伝える「匠の精神」  中国も昔は「卓越」していた、衰えてしまったが今でも残っている=中国メディア
 広東省東莞市のメディア「東莞時間網」は7日、「匠の精神は舶来品ではない。東莞にも匠はいる」と題する記事を配信した。(イメージ写真提供:(C)sophiejames/123RF.COM。江蘇省・周荘鎮で撮影された伝統的な機織り)(サーチナ)
 広東省東莞市のメディア「東莞時間網」は7日、「匠の精神は舶来品ではない。東莞にも匠はいる」と題する記事を配信した。日本やドイツでは「匠の精神が発揮されている分野」が多いと紹介。中国では近代以降、古代には旺盛だった「匠の精神」が不完全にしか伝えられなかったと認めた上で、地元の東莞市でも伝統工芸の分野では「匠」が息づいていると主張した。

 中国では2014年好感から、日本を観光する自国民が、日本製の家電製品や日用品を「爆買い」をする様子がしばしば報道され、多くの人が日本製品のよさを改めて認めることになった。「自国製品の差と日本製品の差はなぜ生じる?」との議論も盛んになり、日本には「匠の製品」が根づいているとの指摘が相次いだ。

 李克強首相が5日に人民代表大会に対して行った「政府工作報告」にも、中国が進むべき道のひとつに「匠の精神の育成」が盛り込まれた。政府工作報告に日本などの国名が記載されていたわけではないが、メディアは改めて日本やドイツの「匠の精神」に注目することになった。

 東莞時間網はまず、日本の「匠の精神」の特長として、「妥協せず自らの技術を向上させていくこと」、「いったん手がけたら、利益は度外視して全身全霊で完成の域に高めること」と紹介した。

 ドイツについては、シューマッハ(靴職人)、シュナイダー(仕立て屋)、シュミット(鍛冶屋)など、職人の種類にちなむ制が極めて多いと指摘。ドイツでは専門技術を持った職人と科学者の間に大きな溝がないと論じ、職人の技術は人々に尊敬されてきたと紹介した。(イメージ写真提供:(C)sophiejames/123RF.COM。江蘇省・周荘鎮で撮影された伝統的な機織り)

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「観光」に関する記事

「観光」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「観光」の記事

次に読みたい「観光」の記事をもっと見る

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年3月8日の中国記事

キーワード一覧

  1. 観光 東京

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。