中国が瀕死状態である日本経済を助けていた?円高に怯える日本=中国報道

中国が瀕死状態である日本経済を助けていた?円高に怯える日本=中国報道
中国メディアの今日頭条はこのほど、英国の欧州連合(EU)離脱が国民投票で決まり、安全資産とされる円が買われて円高が進んだと指摘、これにより日本は中国人観光客を失ったも同然だと伝えている。(イメージ写真提供:123RF)<br>(サーチナ)
 中国メディアの今日頭条はこのほど、英国の欧州連合(EU)離脱が国民投票で決まり、安全資産とされる円が買われて円高が進んだと指摘、これにより日本は中国人観光客を失ったも同然だと伝えている。

 記事はまず、日本のインバウンド産業における中国人旅行客の存在の大きさを強調。2015年の日本において中国人旅行客は「800億元(約1兆2085億円)を使って瀕死状態の日本経済を活性化させた」と主張。さらに53年ぶりに黒字化した15年の旅行収支も、中国人旅行客による爆買いのおかげであるという見方を示した。

 しかし、英国のEU離脱問題を背景とした円高によって中国人旅行客の日本での爆買いに変化の兆しが表れ始めていると説明、爆買いの対象商品が装飾品などの高額商品から日用雑貨に変化していると指摘。中国人旅行客の爆買いという「消費エンジン」に陰りが見えていることに対し、「日本の小売業界関係者は不安な気持ちを募らせている」と主張した。

 つまるところ記事の主張は、瀕死状態の日本経済を中国人旅行客の爆買いが救っていたが、円高により日本は頼りにしていた中国人旅行客の爆買いを失ってしまったも同然という内容だ。経済大国である中国が瀕死状態である日本経済を助けていたという構図を強調したかったのだろう。

 記事は中国人旅行客の爆買いを「日本の消費エンジン」と形容しているが、もし円高により今後このエンジンが消失する状況になったとしても、日本としては引き続き様々な産業におけるイノベーションとそれを商用化する努力を続けてゆくのみだ。しかも、爆買いの勢いに陰りが出ていたのは英国のEU離脱問題が生じる前であり、これは円安の一服のほか、中国経済の成長鈍化も一因だろう。そもそも爆買いは一時的な現象であり、もともと頼りになるエンジンと見なしていた企業は少なかったはずだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
日本と中国の「巨大な差こそ現実」 視察で訪日した中国人が語る=中国
なぜだ!中国人はなぜ「日系車」を選び始めたのか、中国メディアの考察
日本のトイレは「天下一」だ!これがあるから中国人は感動する=中国
到底信じられない!日本の携帯電話、かつては世界を20年もリード!=中国
小さな島国なのに謎だ!日本の経済力がこれほどまでに強いとは=中国

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2016年7月8日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。