日本のライトノベルのタイトルが長すぎ! 翻訳者が怒り出すレベル=中国メディア

日本のライトノベルのタイトルが長すぎ! 翻訳者が怒り出すレベル=中国メディア
近年、長いタイトルの書籍が数多く出版されている。特にライトノベルの分野では、もはや1つの文と言ったほうがよさそうな長いタイトルの本が次から次へと出てくる。その流れはテレビドラマにも波及している感があるが、日本のサブカルチャーを愛する中国人は少々困惑しているようだ。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 近年、長いタイトルの書籍が数多く出版されている。特にライトノベルの分野では、もはや1つの文と言ったほうがよさそうな長いタイトルの本が次から次へと出てくる。その流れはテレビドラマにも波及している感があるが、日本のサブカルチャーを愛する中国人は少々困惑しているようだ。

 中国メディア・今日頭条は12日、「ライトノベルのタイトルをもっと長くする気じゃないだろうな、と翻訳者が怒っている」とする記事を掲載した。

 記事は日本のライトノベルについて「若者をメイン読者とした、新しいエンターテインメント性のある文学作品」と紹介。かつて、そのタイトルはシンプルで覚えやすいものが主体だったが、「最近のライトノベルのタイトルは逆にどんどん長くなっており、もはや天に達するのではないかという勢いだ。翻訳者のプレッシャーも山の如く大きくなっている」とした。

 そして、このほど電撃文庫のサイトに「縫い上げ! 脱がして? 着せかえる!! 彼女が高校デビューに失敗して引きこもりと化したので、俺が青春(ファッション)をコーディネートすることに。」という69文字(スペース含まず)のタイトルを持つライトノベル書籍の新刊情報が出現したことを紹介。「一体どうやって表紙にこのタイトルを押し込むのか。そして書店のデータベースに登録できるのか」と疑問を呈している。

 記事はこのほか、長いタイトルのライトノベル作品として「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている」、「勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました」、「男子高校生で売れっ子ライトノベル作家をしているけれど、年下のクラスメイトで声優の女の子に首を締められている。」などを挙げた。そして、それまで短めなタイトルが多かった流れを変えた分水嶺的な作品が「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」であると伝えた。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年1月14日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。