日本と中国の違いは、良い物を作る人ではなく、良い物を使おうとする人の有無にある=中国メディア

日本と中国の違いは、良い物を作る人ではなく、良い物を使おうとする人の有無にある=中国メディア
中国では経済モデル、製造業の転換期に入っており、昨年から「匠の精神」という言葉があらゆる場面で用いられるようになった。同時に、「匠の精神」が一体何を指し、どうすれば備わるものなのかについての議論も深まっている。近ごろでは、中国にも職人や優れた技術は存在するが、社会の受け入れ態勢ができていないという考え方が出てきた。(イメージ写真提供:123RF) (サーチナ)
 中国では経済モデル、製造業の転換期に入っており、昨年から「匠の精神」という言葉があらゆる場面で用いられるようになった。同時に、「匠の精神」が一体何を指し、どうすれば備わるものなのかについての議論も深まっている。近ごろでは、中国にも職人や優れた技術は存在するが、社会の受け入れ態勢ができていないという考え方が出てきた。

 中国メディア・界面は28日、日本の「匠」が中国の現状について「不足しているのはいい物を作る人ではなく、いい物を使う人だ」と指摘したとする記事を掲載した。

 記事は、展示会のために先日中国にやって来た輪島塗の塗師である赤木明登氏へのインタビュー内容を紹介。インタビューでは中国における「匠の精神」の状況などについても触れられており、質問を受けた赤木氏が「日本では『作家』が自己表現以前に、人に使ってもらえる物を作る。中国では物を作る人はいるが、物を使う人が育っていない。中国に不足しているのは、いい物を作る人ではなく、いい物を使う人なのだ」と語ったことを伝えた。

 また「中国は社会の変化が急速で、人びとが生活自身に注目することが少なくなっている」とするとともに、日本でも手づくりの日用品を使おうとする動きが出てきたのは約30年ほど前、1990年代のことであるとしたことを紹介している。

 さらに、「匠の精神」を得ようとする中国の若者に対するアドバイスとして、赤木氏が「コップづくりならコップづくりで5年間、脇目もふらず同じものをやり続けること。5年が経って振り返った時に初めて、真剣に1つのものに取り組むことの道理を理解することができる。始めたら焦ったり、浮ついたりしてはならない」と語ったとも伝えた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2017年3月31日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら