日本の市場で実感した、中国の市場との「目を疑うほど」の差=中国報道

日本の市場で実感した、中国の市場との「目を疑うほど」の差=中国報道
日本で食料品の買い物と言えばスーパーへ行くのが一般的だが、中国では毎朝、自由市場で買う人が多い。市場でテナント代を払った人がそれぞれ商品を並べて販売する。こうした朝市には、朝採りの新鮮な野菜をはじめ、その場で屠殺した鶏などの肉や魚介類、果物があり、日用品や衣類まで揃っている。<br>(イメーシ?写真提供:(C)sepavo/123RF)(サーチナ)
 日本で食料品の買い物と言えばスーパーへ行くのが一般的だが、中国では毎朝、自由市場で買う人が多い。市場でテナント代を払った人がそれぞれ商品を並べて販売する。こうした朝市には、朝採りの新鮮な野菜をはじめ、その場で屠殺した鶏などの肉や魚介類、果物があり、日用品や衣類まで揃っている。
 
 賑やかで活気のある中国の自由市場だが、日本の市場と比べると格差を感じるという。中国メディアの今日頭条は15日、「旅行中に見た日本の市場と中国の市場には信じられないほどの格差がある」と題する記事を掲載した。
 
 記事は、日本の市場と中国の市場を写真で比べた。一言でいえば、日本の市場は「清潔」だ。筆者は、日本旅行中に市場を訪れたそうだが、中国の市場との「目を疑うほど」の差を感じ、すっかり感心してしまったという。
 
 筆者によると、中国人自身がイメージする自由市場は「喧噪」、「雑然」だが、日本の市場は、店に並んだ商品にはすべてに値段が付けられていて、価格が一目でわかることや、新鮮な果物がきれいに袋詰めされていること、怒鳴り声や争う声は聞かれないこと、地面にゴミが落ちていないこと、全体的に整っていてきれいなことなど、中国とは全く異なっていると感じたという。
 
 逆に、中国の市場は一言でいえば「汚い」。地面に果物の皮や野菜くず、絞めた鳥の羽などが散乱しているのが普通で、台の上に商品を並べて売る中国の市場では、野菜はおろか、肉や豆腐なども包装されておらず、空気にさらしたままで不衛生であり、腐敗や食中毒の心配もある。

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年7月18日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。