「世界の観光都市」トップは8年連続で香港 韓国は隣国との情勢悪化で大幅減少=ユーロモニター

 国際市場調査のリーディングカンパニーであるユーロモニターインターナショナルは7日、英国ロンドンにて開催されている旅行業界における世界最大級のイベント、 World Travel Market London (WTM)にて『世界の観光都市Top100 2017版』を発表した。 


■世界の観光都市Top10

[1位]香港(中国)
[2位]バンコク(タイ)
[3位]ロンドン(イギリス)
[4位]シンガポール(シンガポール)
[5位]マカオ(マカオ)
[6位]ドバイ(UAE)
[7位]パリ(フランス)
[8位]ニューヨーク(アメリカ)
[9位]深セン(中国)
[10位]クアラルンプール(マレーシア)

 1位の香港は、延べ旅行者人数約2569万人で8年連続でトップの座を守っているものの、2016年から2017年にかけてはマイナス3.2%で減少傾向にある。

 対照的に、近年大きく伸びているのが2位のバンコク。2016年の延べ旅行者人数は2125万人だったが、2017年には9.5%増の2327万人となる見込み。


■アジアの観光都市Top10 
 
[1位]香港(中国)
[2位]バンコク(タイ)
[3位]シンガポール(シンガポール)
[4位]マカオ(マカオ)
[5位]深セン(中国)
[6位]クアラルンプール(マレーシア)
[7位]プーケット(タイ)
[8位]東京(日本)
[9位]台北(台湾
[10位]ソウル(韓国)

 中国人旅行者の増加により、今後10年間、アジアの都市が世界の観光都市ランキング上位を占めていくと予測される。インドネシアの都市ではビザ免除などの背景が後押しし、中国人旅行者が増加すると見込まれる。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク