台湾・台中にPM2.5を98.5%除去できる「外気清浄機つき高級マンション」が誕生

台湾・台中にPM2.5を98.5%除去できる「外気清浄機つき高級マンション」が誕生
住宅換気用フィルタを製造・販売する株式会社トルネックス(本社:東京都中央区、代表取締役:松井 周生)の「トルネックス外気清浄機」(PM2.5(※1)を98.5%(※2)除去)が、不動産開発事業を展開する順天建設股フン有限公司(本社:台湾台中市、董事長:柯興樹、以下 順天建設)が開発を進めている高級マンション「GREEN LIFE順天科博」(2021年完成予定)において、全戸標準搭載(順天建設指定備品として)されます。(サーチナ)
 住宅換気用フィルタを製造・販売する株式会社トルネックス(本社:東京都中央区、代表取締役:松井 周生)の「トルネックス外気清浄機」(PM2.5(※1)を98.5%(※2)除去)が、不動産開発事業を展開する順天建設股フン有限公司(本社:台湾台中市、董事長:柯興樹、以下 順天建設)が開発を進めている高級マンション「GREEN LIFE順天科博」(2021年完成予定)において、全戸標準搭載(順天建設指定備品として)されます。マンション全戸に当製品が導入されるのは、世界初となります。

 近年中国で、PM2.5や黄砂による深刻な大気汚染が発生したことを受け、日本でもPM2.5濃度が上昇し健康に影響を及ぼすことが懸念されています。PM2.5が呼吸で体内に取り込まれると呼吸器系や循環器系疾患の悪化を引き起こすことが確認されており、WHOの研究機関(IARC)の発表によると、PM2.5はタバコの煙と同レベルのグループ1に位置付けられています(発がん性リスクが最も高い)。

 台中市では中国大陸からの大気汚染物質の飛来、自動車からの排ガス、及び、世界最大級の火力発電所があることにより、PM2.5が環境基準値を大幅に超える日が観測(※4)されています。台湾に住む人々の間でPM2.5等による大気汚染への関心が高まっています。

 外の空気が汚れていると、住宅の換気により大気汚染物質が家の中に取り込まれてしまいます。そこで、順天建設は、日本の住宅用換気フィルタ「トルネックス外気清浄機」を世界で初めて全戸標準搭載することで、きれいな空気の中で安心して暮らせる住環境「GREEN LIFE順天科博」を実現しました。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。