日本では「落とした財布」が返ってくるというのは本当だ! しかも、届けてくれるなんて!=中国メディア

 日本人の民度の高さは中国のネット上でもたびたび話題になるが、なかでも「日本では財布を落としても戻ってくる」ということに多くの中国人は驚くという。中国メディアの今日頭条は20日、なぜ日本人は拾ったお金を着服するようなことがないのかについて分析する記事を掲載した。

 この記事の中国人筆者は、拾ったお金をきちんと届けるかどうかで一国の国民の民度が分かるとし、この基準からすると日本は非常に民度が高く、道徳心の高い国と言えるという。

 実際、この中国人筆者も先日、東京で財布を無くしたばかりだといい、その経験を紹介した。最後に財布を出したのはタクシーだったことを思い出し、タクシー会社に電話してみたところ、翌日自宅までわざわざ届けてくれたという。中国ではありえない出来事だったためか、「日本では財布が返ってくるというのは本当の話だ」と強調した。

 この出来事にすっかり感心した筆者が、ある日本人に話したところ、財布にはカードなど重要なものが入っているため、届けるのが当然だと答えたという。日中ではモラルの感覚が違うと言えそうだ。この日本人は続けて、「盗むと法で罰せられるから」とも付け加えたとし、日本人がネコババしないのは、道徳心に加えて法が整っているためでもあると結論付けている。

 また、日本の遺失物法には、交番に届けて何日保管するか、持ち主は拾ってくれた人にどの程度報労金を支払うべきか、着服した場合の罰則などが規定されているが、筆者は中国の参考と反省になると感心している。記事は、道徳心だけではないとしているが、法の整備も必要なのが現実と言えるだろう。いずれにしても、日本ではなくしたお金が戻ってくる確率は中国よりずっと高いというのは間違いなさそうだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
日本で長く暮らす中国人が「久しぶりに帰国した時に思うこと」は? =中国メディア
訪日中国人客の増加に中国人は恐怖を感じ、罵る! 「だがその気持ちもわかる」=中国
中国高速鉄道は日本のパクリ? 「いや、むしろ他国の技術は成長の足かせになっていた」=中国メディア
日本で民泊への規制強化、中国人オーナーが震え上がる理由=中国メディア
日本は水道水まで極めている・・・訪日したら水道水を飲んでみよう=中国メディア
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク