それって飲めるの? 日本人が木からお酒を造ろうとしている=中国メディア

 中国メディア・環球網は2日、日本が木を発酵させて作るお酒の研究開発を進めており、3年以内の発売を目指していると伝えた。

 記事は「日本の森林総合研究所では、主に樹皮を利用した『木のお酒』の研究開発が進んでいる。木を粉砕してバター状のものを作り、これに酵母と酵素を加えて発酵させる。製造工程で加熱を避けることで、材料となる木が持つ独特の香りを残すことができるとのことで、現在までにすでにスギ、シラカバ、ソメイヨシノを使った酒作りに成功しており、4キロのスギからアルコール度数約15%のお酒3.8リットルが作れるという」と紹介した。

 そして、同研究所の研究員が「醸造酒と蒸留酒を作ってみたが、蒸留酒の方がよりいい味に仕上がる」と語ったとし、その味わいは木樽で長い間熟成させた酒を彷彿とさせるものだと説明している。

 また、これまで木を発酵させる技術によってバイオエタノールが作られてきたが、毒素があるうえ香りがなく、お酒の材料としては使えなかったと紹介。この度「ちゃんと飲めてしかも味わい深いお酒」ができた大きなポイントは「高熱あるいは硫酸による分解を必要としない点」にあると伝えた。

 記事は、開発に携わった研究員が「日本各地にはさまざまな木がある。各地の特有な木を使ったお酒が飲めるようになるといい」と語ったことを紹介した。

 日本の酒造りに対する中国の評価は高い。ネット上では日本酒だけではなく、日本の国産ウイスキーの製造工程やこだわりについてもしばしば紹介される。中国のお酒をこよなく愛する人たちは、日本人が開発した新しいお酒を味わえる日が来るのを楽しみにしていることだろう。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
日本の動物園での一幕を見て、日本と中国との差はまだまだ大きいと感じた=中国メディア
日本旅行を5回した中国人が語る、日本の発展ぶりに驚く点=中国メディア
「東京女子図鑑」はおもしろいのに、どうして「北京女子図鑑」はおもしろくないのか=中国メディア
日本ではなぜ中国式モバイル決済が普及しない? 香港メディア「むしろ中国の環境が特殊過ぎる」
日本でたまたま弁当屋の弁当を食べたら、完全にハマってしまった! 最大の魅力は・・・=中国メディア
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク