中国の蘇州で初の日本独資による日式温泉「悠然の湯」がオープン

中国の蘇州で初の日本独資による日式温泉「悠然の湯」がオープン
広島市に本社を置く株式会社マリモが、中華人民共和国江蘇省蘇州市の複合開発区「蘇州工業園区」において独資で日本式温浴施設『悠然の湯』をオープンした。(写真は、中国でオープンした「悠然の湯」。提供:マリモ)(サーチナ)
 中国の江蘇省蘇州市に、日本の会社が独資で運営する中国で初めての日本式温浴施設が正式にオープンした。近年、中国では日本行ブームといえるほどに訪日旅行者が拡大している。旅行の目的のひとつに、「日本の温泉を体験する」ことも含まれている。上海などには中国資本による日本式の温泉施設ができて繁盛しているという。中国に温泉を開設したのは、広島市に本社を置く株式会社マリモ(代表取締役 社長執行役員:深川真)で、中華人民共和国江蘇省蘇州市の複合開発区「蘇州工業園区」において『悠然の湯』をオープンした。

 マリモは2009年に上海で「摩麗茂(マリモ)上海」を設立し、設計業務を開始。以後、江蘇省蘇州市において、地元中国の方のための分譲マンション開発を行ってきた。今回の温浴事業では、日本式の優れたサービスや商材を厳選し、従来は温浴施設を楽しむ機会が比較的少なかった女性やファミリー、高齢の方にも安心・安全・快適な、日本式の温浴施設を実現したという。正式オープンに先立ち、すでに体験利用を開始しており、多数の中国人の方々に好評だとしている。

 蘇州市は、上海市に隣接する地の利があり、現在も江蘇省の経済的中心。古くから長江の南に位置する、江南の主要都市として栄え、華東(中国東部)地域では、上海に次ぐ第2の都市に位置づけられる。(写真は、中国でオープンした「悠然の湯」。提供:マリモ)


【関連記事】
米中摩擦で中国の通信業界再編が加速? 3大キャリアを2グループ化の構想が加速
中国ソーシャルコマース市場が1兆人民元超えへ、PDDなど1兆円プレーヤーも育つ
米国を抜いて世界一の原発大国に! 中国で最先端の新設原発が相次いで稼働
米中摩擦でテスラの販売価格が中国で大揺れ、上海に大規模工場を建設へ
中国とアラブは「運命共同体」、中国が200億ドル計画で明らかにした強い意志

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2018年7月31日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。