中国では近年の経済発展と国外旅行ブームにより、多くの人が国外旅行へ出掛けている。日本も人気の渡航先となっており、毎年多くの中国人が日本を訪れている。中国人の日本人に対するイメージとして「マナーを守っていて礼儀正しい」というものがあるが、日本を訪れた中国人が「親切」と思ってした行為が、失礼な行為に映ってしまうことがあるようだ。

 中国メディアの捜狐は10日、日本を訪れた中国人観光客が路線バスで高齢者に席を譲った際、「譲ったはずの自分が責められた」ことを紹介する記事を掲載し、日本人の思考パターンについて考察している。

 記事はまず、中国では日本国民は全体として民度が高く、生活のあらゆる場面で礼儀正しく行動しているというイメージがあると紹介。続けて、日本を旅行で訪れた中国人が、混雑している路線バスで高齢者に席を譲ったが、その高齢者は譲られた席に座ろうとしなかったというエピソードを紹介している。

 その理由について記事は、日本では高齢者に席を譲る行為は、高齢者に対して「あなたは高齢で、社会の役に立たない人」と言っていることになってしまい、非常に失礼で礼儀に欠けた行為とみなされてしまう場合があると紹介した。

 国や地域が異なれば習慣や文化、人々の考え方や感じ方も異なってくる。記事で紹介されていた中国人の行動は決して間違っているわけではない。だが、日本ではある程度周りの空気を読んで行動する必要があるのも事実だ。しかも、日本では謙遜の文化もあって、席を譲られたからといっても一度は断る人が多いだろう。こうした文化の違いは日本を訪れる中国人を混乱させることがあるようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
台風でも中国人観光客の足を止められない! 日本には一体どんな魔力が・・・=中国メディア
災害頻発の日本、移民した中国人は後悔していると思いきや・・・言葉を聞いて「寒気がした」=中国
まさに偉業だ・・・中国の砂漠の「緑地化」に尽力した日本人がいた=中国メディア
言われてみれば確かに・・・日本人は「宋の時代より後の中国人」を尊敬しないらしい=中国メディア
海自艦の旭日旗、韓国ネット上の「来なくて良い」の声が現実に=中国メディア