米国と争う中国とEUと対立する英国が急接近、中国最大の商談会は「脱米国」に舵

米国と争う中国とEUと対立する英国が急接近、中国最大の商談会は「脱米国」に舵
中国最大の商談会「広州交易会」は出展企業2万4947社を集めて開幕した。米国との貿易戦争を抱える中、商談会に参加する中国企業は「多元的な市場開拓」をキーワードに、幅広い地域のバイヤーと積極的な商談を進めている。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 米国と貿易戦争を繰り広げている中国で、最大規模を誇る商談会「第124回・中国輸出入商品交易会(広州交易会)」が15日、広州海珠区の「中国輸出入商品交易会展示館」で開幕した。11月4日までの期間で開催される。同商談会は、中国の「一帯一路」に沿って、アジアからヨーロッパへの貿易振興を軸に大規模な商談会が繰り広げられている。一方、ヨーロッパとブリグジット(EUからの英国の離脱)交渉を進める英国との間で、中国は株式相互取引の準備を進めている。互いに大きな市場との貿易摩擦を抱える中国と英国の接近が注目される。

 広州交易会の出展企業は2万4947社。毎年春と秋に開かれる同商談会は、1957年から開催され、今年は61年目を迎えたが、今まで一度も中断されたことがない。ここでの売買契約の規模は、中国の向こう半年間の輸出動向を示す先行指標と言われる。中国は現在、最大の貿易相手国である米国との間で“貿易戦争”を抱え、中国企業は新市場の開拓を加速させる構えにある。

 広州交易会に出展する中国企業の間では、「多元的な市場開拓」がキーワードとなっている。4月に開かれた前回は、「一帯一路」沿線国のバイヤー比率が44.54%に到達。中国メーカーと海外バイヤーが結んだ商品購入契約額は、3分の1を一帯一路沿線国で占めた。

 出展企業関係者の間では、一帯一路地域への貿易を大きく伸ばすところもあり、「中米貿易摩擦の影響は世間が騒ぐほどに大きくない」、「新興市場が成長を下支えている」などとの声も少なくないという。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。