中国のネット規制が一段と厳格化、サイバー攻撃封じ込めに公安機関に監督検査権付与

中国のネット規制が一段と厳格化、サイバー攻撃封じ込めに公安機関に監督検査権付与
中国政府は、今年11月1日には「中国インターネット安全法」を補完する「公安機関インターネット安全監督検査規定」を施行することで、ネットの安全強化を一段と推し進めている。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 中国はスマートフォンを使ったモバイル決済が当たり前に広く行われるほど、インターネットの利用が一般的だが、一方で、サイバー犯罪も頻発し、かつ、大型化して社会問題となっている。中国政府は、中国国内のネット環境の安全性を高めるため昨年6月に「中国インターネット安全法」を施行したが、今年11月1日には同法を補完する「公安機関インターネット安全監督検査規定」を施行することで、ネットの安全強化を一段と推し進めている。

 「公安機関インターネット安全監督検査規定」では、ネット安全監督に絡む公安による立ち入り検査に法的根拠を与えている。検査の内容、方法、プロセス、違法行為に対する法律責任などを規定した。公安はネット提供者や、店舗や工場を含むネット利用単位に対する監督検査を行う権利があると規定し、「検査を受ける事業責任者やネットセキュリティ担当者は、検査項目に応じた説明義務を負う」と定めた。

 これらの背景にあるのは、ランサムウェア(身代金要求型ウイルス)などによるサイバー攻撃が猛威を振るっていることにある。ハッカー標的は、金融機関や膨大な患者データを管理している各病院で、今年1月に産科病院の江西省婦幼保健院、2月に上海市の公立病院と湖南省の小児病院が立て続けに被害を受けた。うち上海市の公立病院は、2億人民元(約32億6000万円)相当の仮想通貨・イーサリアムを要求されている。

 このため、11月に導入された公安監督検査は、重要ターゲットとして、サイバー攻撃を受けやすい「公共場所」、「重要インフラ施設」などを想定し、特に世界的に注目が集まる重要イベント期間中のネットセキュリティ対策が強化される見込みだという。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2018年11月3日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。