アリババ「独身の日」流通総額は約3.5兆円! サントリー「響」3秒で完売、輸入品No.1は日本

 アリババグループが開催した11月11日「独身の日」のイベント「2018 11.11 Global Shopping Festival」では、1日トータルで2,135億人民元(約3兆4,800億円)の流通総額を記録した。前年比で27%増の過去最高。アリババグループCEOのダニエル・チャン氏(写真)は、「10周年を迎えた『11.11 Global Shopping Festival』は、巨大な消費力を集中的に表すだけでなく、巨大なビジネスパワーも示しています」とコメントした。

 今年の「11.11」は開始後2分05秒で100億人民元(約1,600億円)、1時間47分26秒で1,000億人民元(1兆6,000億円)の流通総額を達成。また、15時間49分39秒で2017年の流通総額1,682億人民元(約2兆7,400億円)を超えた。参加ブランド数は過去最大となる18万で、越境ECにおける国・地域別流通総額ランキングでは日本が3年連続1位を獲得した。日本のブランド・サントリーのウイスキー「響」(30年限定版)は開始3秒で売り切れた。

 今年は、アリババのエコシステムを構成する全ての事業が「11.11」に参加し、「オールイン」が合言葉になった。天猫(Tmall)や天猫国際(Tmall Global)、淘宝網(Taobao:タオバオ)などのECプラットフォームはもちろん,物流事業「菜鳥(Cainiao:ツァイニャオ)」による物流の最適化、クラウド事業「Alibaba Cloud」による各プラットフォームの運営・決済処理の支援、また、今年初参加となる「餓了麼(Ele.me:ウーラマ)」によるデリバリーでの即時配達などを実現した。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク