どうして日本のマンションのベランダは、たった5ミリの壁だけで隔てられているの?=中国メディア 

どうして日本のマンションのベランダは、たった5ミリの壁だけで隔てられているの?=中国メディア 
中国メディアは、「わが国ではベランダとベランダの間はレンガで隔てられていて、隣の家を覗くことはできない。しかし、日本の集合住宅のベランダでは、厚さたった5ミリの仕切り板で隔てられているだけななのだ。これはどういうことなのか」と伝えた。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 中国メディア・東方網は16日、「どうして日本のベランダはたった5ミリの板だけで隣と隔てられているのか」とする記事を掲載した。

 記事は、「わが国ではベランダとベランダの間はレンガで隔てられていて、隣の家を覗くことはできない。しかし、日本の集合住宅のベランダでは、厚さたった5ミリの仕切り板で隔てられているだけななのだ。ちょっと力を入れてぶつかれば、すぐに突き破れてしまう。これはどういうことなのか」とした。

 そして、「日本は地震が頻発する国だ。火災の発生も含めて、日本では消防上の安全が重視され続けてきた。実はこの仕切り板は、避難用の装置だったのだ。板には日本語で『緊急時にはここを突き破って避難してください』と書かれているのである」と紹介した。

 また、日本では避難経路を複数確保することが原則となっており、玄関から逃げられない時には、ベランダから逃げられるようになっていると説明。階下が火事で下に逃げられない時も、仕切り板を突き破ることでひとまず隣のベランダに逃げることができるとしている。

 さらに、集合住宅には仕切り板だけではなく、ベランダの床に穴が開いていて、非常時にはこの穴から梯子を渡し、下の階に垂直に降りられる仕組みがあるとも紹介。「日本のこのような人にやさしいデザインは、客観的に見て非常にわれわれが学び参考にするに値するものなのだ」と評した。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)



【関連記事】
日本人が好む自動車メーカーランキング、日系独占は想定外だがその「順番」が意外だった=中国メディア
タオルが・・・日本旅行をした中国人観光客が深く感じ入ったこと=中国メディア
日本のバイク免許試験、変態レベルに難しかった!=中国メディア
サムスンが「折りたたみスマホ」の開発に成功した背景には、やはり日本企業の姿があった!=中国メディア
日本の街にある落とし物を見て、日本人の頭の回路に敬服した・・・なぜ?=中国メディア 

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2018年11月17日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。