奈良のシカは愛されているが・・・日本は毎年大量の「シカ被害」に悩まされていた!=中国メディア

奈良のシカは愛されているが・・・日本は毎年大量の「シカ被害」に悩まされていた!=中国メディア
中国メディアは、近年日本国内では野生のシカが増えていて、人びとの悩みの種になっていると指摘。増えすぎた野生のシカが森林を食い荒らし、農作物を破壊し、さらには交通の妨げとなっており、これらにより毎年56億円程度の損失が出ているという概算もあると伝えた。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
       
 中国人観光客に人気の高い日本の古都・奈良。奈良公園にいるシカと戯れるのを楽しみにやって来る人も多いようだ。中国メディア・東方網は26日、古来より日本で大切に扱われてきたシカが、今では生態環境を破壊する「厄介者」と認識されていると報じた。

 記事は、「日本人のシカに対する感情はとても特殊だと言える。奈良では人とシカが相睦まじく1000年もの長きにわたり暮らしてきた。そして日本文化においてシカは神聖の象徴のような位置づけにあり、その保護に力が入れられてきた」と紹介した。

 そのうえで、近年日本国内では野生のシカが増えていて、人びとの悩みの種になっていると指摘。増えすぎた野生のシカが森林を食い荒らし、農作物を破壊し、さらには交通の妨げとなっており、これらにより毎年56億円程度の損失が出ているという概算もあると伝えた。そして、日本政府もついに長きにわたる「日本人の友」に対して手を下さずを得ず、2020年までに野生のシカの生息数を半分に減らす姿勢を示したとしている。

 そして、シカの被害が拡大している背景として、天敵がいないことでシカの数が増え続けていることのほかに、高度な都市化が進んだ日本では農村で農業や林業に従事する人が減少しており、これによりシカやイノシシ、クマなどの野生動物が農業用地に進入しやすくなったことがあると説明した。

 記事は、最後に「人類の生活範囲を拡大するために、野生動物の生活範囲を減らしてはならない。また、地球の温暖化によって動物たちの生息環境にも異変が起きてしまっている。自然に対して敬意を払い、いつの日か自然と本当に相睦まじくやっていけるようになることを望む。人間の利益のために、動物本来の自由な生活を奪ってはいけないのだ」と論じた。

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年11月28日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。