試合で練習の80%しか力が出せない中国人、120%を出す日本人 この差は恐ろしい=中国メディア

 中国メディア・東方網は18日、日本と中国の卓球界について、ある側面からその「差」を論じる記事を掲載した。記事によれば、この側面から見れば日本の選手はすでにはるかに中国の選手を上回っているのだという。

 記事は、先日閉幕した今年の卓球ワールドツアー・グランドファイナルで中国勢が金メダル1つという惨敗に終わる一方で、日本勢の全体的な実力が予想をはるかに上回る勢いで増していることが明らかになったと紹介。男子シングルス決勝で15歳の張本智和選手に敗れた中国の林高遠選手が試合後のインタビューで謝罪を口にしたのに対して、中国卓球協会主席の劉国梁氏が「大丈夫。帰ったらしっかり練習してくれ」と語ったことを伝えた。
 
 そのうえで、「この劉主席の話は、実はとても深い意味を持っているのだ。なぜなら林高遠の敗戦は、多くの中国人選手が持つ特徴を表しているからである。それは、練習では高いレベルを発揮するのに、試合になると自分の実力が十分に発揮できないことだ」と指摘。ネット上では、中国代表選手はみな「練習型選手」で、試合においては練習での実力の80%が出ればいい方だとの皮肉めいた意見が出ていると紹介した。

 その一方で、日本の選手については平野美宇選手にしろ、伊藤美誠選手にしろ張本選手にしろ、いずれも「試合型選手」であり、試合において練習の100%、場合によっては120%のレベルと実力を発揮することができ、特に中国の主力選手との対戦では高いパフォーマンスを発揮するのだと説明している。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク