感動して「言葉が出てこなかった」 中国人が日本で感動したこととは=中国メディア

 記事は結論として、日本では障がい者など社会的弱者を非常に高く尊重していて、障がいがあってもなくても「同じだけの尊厳を与えられている」と感動を伝えている。また、これは一時的なスローガンでもキャンペーンでもなく、国民一人ひとりの意識が高く、社会にすっかり浸透していると伝えている。

 これは、設備の問題というより意識の問題と言えるだろう。この記事に対する反響は大きく、「うちの子どもは重い障害があり、車いす利用者だが車もなくバスも乗れないので外出できない」と日本を羨むコメントや、中国の点字ブロックについて「歩道が電動自転車や店先のものであふれているので使えない」、「障がい者がバスに乗ると白い目で見られる」など中国の現状に対する不満の声も多かった。障害を持つ人も尊厳を持てる日本社会は中国に比べて住みやすい社会だと言えるのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
こんなに凄いとは・・・日本の農業には「到底追いつけるものじゃない」=中国メディア
日本を軽視した国は「大きな代償を払った」、日本軽視は「あまりにも危険」=中国メディア
ナチス旗「ハーケンクロイツ」は禁止なのに、なぜ旭日旗は今も使われるのか=中国メディア
日本は「没落した先進国」? 日本の文明レベルは「想像を軽々と超える」=中国
あれ? 日本もドイツも敗戦国なのに「日本だけが軍隊を保有していないのはなぜ?」=中国

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2019年1月12日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。