処方薬のはずが・・・日本の気管支拡張テープ薬、中国で「神がかりの万能咳止め薬」として拡散中 



 さらに、パッチタイプの薬で安全な印象を与えるが、内服薬と同様に副作用もあり、動悸や皮膚の炎症、吐き気などを催す可能性があるとし、あくまで医師の処方があって用いる薬であり、咳が出たからと言って何も考えずに張るべきものではないと専門家は指摘したとのことである。

 気管支拡張テープは記事が紹介しているように、日本のドラッグストアなどで市販されている薬ではなく、医師の診断と処方があって初めて手に入るべき処方薬である。日本でも医療関係者が「咳止めテープ」と誤解しないよう呼びかけるケースが見られるが、中国で万能の咳止め薬として口コミが広がっていることに驚きと危険性を禁じ得ない。そして、何より問題性があるのは、日本の処方薬が簡単に中国のネット上で買えてしまうという状況ではないだろうか。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
日系車のエンジンを、外国車のように簡単に分解修理させてはいけない理由=中国メディア
フィリピン人は、日本人や中国人のことをどう思っているのか=中国メディア 
4月に発表される日本の新元号、今度はどの中国の古典から引用するのか?=中国メディア
ファッションや流行だけじゃなく、歴史や文化も充実している だからみんな東京に行きたくなる!=中国メディア
様々な面で世界をリードしてきた日本が持つ「世界一」を3つ挙げてみた!=中国メディア

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2019年1月13日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。