各国で散見する「放送禁止回」、ポケモンアニメに見る異文化と世界への浸透ぶり=中国メディア 

各国で散見する「放送禁止回」、ポケモンアニメに見る異文化と世界への浸透ぶり=中国メディア 
世界の100以上の国・地域で放送されるなど世界から広く人気を集めているアニメ「ポケットモンスター」シリーズには、「文化的な差異や、各国のタブーに触れたことで各地で放送禁止とされた作品も存在する」。中国メディアが伝えた。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 中国メディア・東方網は8日、世界的に高い人気を誇るアニメ「ポケットモンスター」シリーズについて、文化を中心としたさまざまな理由により、世界各地でそれぞれ異なる回が「放送禁止」とされてきたことを紹介する記事を掲載した。

 記事は、同シリーズが放送を開始してすでに20年あまりの時間が流れたとし、世界の100以上の国・地域で放送されるなど世界から広く人気を集めていると紹介。一方で「文化的な差異や、各国のタブーに触れたことで各地で放送禁止とされた作品も存在する」とした。

 まず、韓国では日本のアニメに対して厳しい要求が課せられているとし、武士の少年が登場したり、和服の人物や忍者などが出現した回は「日本文化の要素がある」として、放送が取りやめられたと紹介している。

 続いて、「一見開放的に思える米国も、アニメに対する要求はかなり厳しい」と説明したうえで、初期作品に見られたカスミのへそ出し衣服が問題視され、常にトゲピーを抱いてへそ部分を隠すスタイルに変更されたと紹介。また、頭に拳銃が突きつけられるシーンが放送できなかったほか、後にデザイン色を黒から紫に変更することになったルージュラなど、黒人差別との指摘によりタブー視されるようになった放送回が複数あることを伝えた。

 記事はさらに、広い範囲で放送が取りやめられた例として「無印」の第20話「ゆうれいポケモンとなつまつり」がアラブ地域や韓国で放送されなかったほか、中国でも「児童が見るのにふさわしくない」として一時期お蔵入りしたものの、その後解禁されたと説明した。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年3月8日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。