工場を見学して実感「日本メーカーのカメラが優れている理由がよく分かった」=中国メディア

工場を見学して実感「日本メーカーのカメラが優れている理由がよく分かった」=中国メディア
中国メディアは、ある中国人がニコンZ7を生産している仙台工場を見学したとして、その感想を紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 2018年9月、ニコンがフルサイズミラーレスカメラZ7を発売した。このカメラは、「デジタルカメラグランプリ2019」では総合金賞を受賞し、世界的に権威のある「TIPAアワード2019」でも受賞していることからわかるように、世界で高く評価されている。中国メディアの今日頭条は5日、ある中国人がニコンZ7を生産している仙台工場を見学したとして、その感想を紹介する記事を掲載した。

 記事はまず、この仙台工場は47年間もカメラの生産を続けており、生産が止まったのは東日本大震災後の3週間だけだったと紹介。震災の影響を考えれば、わずか3週間での再開は十分に称賛に値すると言えるだろう。

 ニコンZ7の特徴は、レンズマウントが新設計の「Zマウント」であることだ。マウント内径は55ミリでその高い画質が評価されているが、記事は、新技術の裏には全く新しい製造技術があるはず、と期待を持って見学に臨んだようだが、想像以上で圧倒されたようである。

 中国人筆者が感心したのは、ただ先進的な機械を導入するだけで満足しないことだったという。新たな製品の生産で機械を一新したそうだが、これは人による作業をより正確に、安全になるようにサポートする目的があったと紹介。そのおかげで、より安全に基盤を持って作業できるようになり、ねじを締める作業も機械任せではなく、人が作業の手順とねじの種類、数を間違いないようにサポートするのが機械の役目だったと伝えている。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2019年5月11日のIT記事

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。