中国人旅行客が感銘を受ける「日本社会ならではの利便性」とは=中国メディア

中国人旅行客が感銘を受ける「日本社会ならではの利便性」とは=中国メディア
中国人は、日本社会における独特の利便性には深い感銘を受けるようだ。中国メディアは、「細部を通じて感じる日本の利便性」と題する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 「利便性」という点で、ここ数年の中国社会で際立っているのはスマホ決済だと言えるだろう。今や中国人のほとんどが現金を持ち歩かず、スマホだけで買い物を済ませており、この便利な仕組みはすでに市場や露店での買い物にまで浸透している。商品という名のつくものであれば、すべてスマホで決済できる。

 しかし、こうした利便性のなかで生活している中国人も、日本社会における独特の利便性には深い感銘を受けるようだ。中国メディアの今日頭条は11日、「細部を通じて感じる日本の利便性」と題する記事を掲載した。

 記事は中国人の見解として、日本ならではの利便性について紹介している。まず挙げたのは、コンビニエンスストアと自動販売機だ。この中国人がこれまで旅行したすべての国を比較しても「日本ほどに街中にコンビニエンスストアと自動販売機が満ち溢れている国はない」と紹介。旅行中にたとえのどが渇いたり空腹を感じたりしても、どこを歩いていても5分以内にコンビニエンスストアや自動販売機を見つけることができると指摘した。

 また、すべてのコンビニエンスストアでトイレが利用できることも、旅行客からすれば非常に便利でありがたいと指摘しつつ、すべてのトイレが「非常に清潔であるだけなく、いやなにおいが全くない」と絶賛。さらに、こうしたトイレに備え付けられている温水洗浄便座の機能には、使用者に対する日本人独特のきめ細やかな配慮を感じ取ることのできるいくつもの機能がある点を指摘した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2019年5月15日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。