意外だった! 日本人の若者は「意外と中国に否定的じゃなかった」=中国メディア

意外だった! 日本人の若者は「意外と中国に否定的じゃなかった」=中国メディア
中国メディアは、日本人の若者が中国や中国人に対して感じていることを紹介する記事を掲載し、「意外だった」と伝えた。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 日本と中国は隣国同士であり、多くの中国人旅行客が日本を訪れるようになったとはいえ、相互理解はほとんど進んでいないと言えるのではないだろうか。それゆえ、日本人は中国人についてどのような印象を持っているのだろうかと、疑問に思っている中国人は多いようだ。中国メディアの捜狐は28日、日本人の若者が中国や中国人に対して感じていることを紹介する記事を掲載し、「意外だった」と伝えた。

 記事はまず、日本と中国は地理的には近いものの、政治や社会体制、さらに生活環境は大きく異なっており、日本人と中国人の相互理解も進んでいないことを紹介し、日本人の若者達は中国や中国人に対してどのような印象を抱いているのだろうかと疑問を提起し、日本人学生の声を紹介した。

 記事が紹介した日本人の声は「日本人と中国人は互いに誤解しているところが多い。中国人の若者から日本が好きだという声を聞くとうれしくなる」、「学校に中国人留学生がいるが、彼らは非常に真面目で、テレビや新聞で報道されている中国人とは全く異なっている」、「日本で中国について報道されるのは大気汚染や領土問題などのネガティブな話題ばかりであり、日本人は中国についてよく理解していない」といったもので、日本人の若者は中国や中国人に対して「決して否定的な印象は抱いていないようだ」と主張、こうした声は「意外だった」と論じた。

 一方、日本人が「理解できない」と感じる中国人の言動もあることを紹介。たとえば、中国人は電子機器をマナーモードに設定しないことや、何時でもどこでも大きな声で会話していることは日本人にとっては不可解であり、理解できない点であると紹介し、日本人の内心としては迷惑に感じられる「中国人の行動」もあることを伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
本当の日本はまだ理解されていない! これが真実の日本だ=中国メディア
世界には様々な通貨があるのに! なぜ日本円は「安全資産」と言われるのか=中国メディア
サムスンのアプリストアに「旭日旗」デザイン、韓国で抗議殺到=中国メディア
中国でかつて視聴率80%を記録したドラマは「なんと日本のドラマだった」=中国メディア
外国人旅行客が驚く、「日本の変わった10の光景」とは=中国メディア

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2019年6月1日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。