琵琶湖の水質改善プロジェクト 中国・洞庭湖に実を結ぶ=中国メディア

 かつて日本の高度経済成長期に実施された琵琶湖の水質改善プロジェクトが、JICA(国際協力機構)の支援の下、滋賀県と湖南省の共同プロジェクトとして洞庭湖に導入されて成果を上げた。中国メディア・紅網は6月5日、湖南省長沙にて、滋賀県琵琶湖環境部、JICA中国事務所同席のもと開催された洞庭湖水質改善プロジェクト報告会の模様を報じる記事を掲載した。

 滋賀県と湖南省は、琵琶湖と洞庭湖という同じように大きな湖を持つ縁で1983年に友好協定を結び交流を深めてきた。そして、2016年11月から、JICAの下で滋賀県が琵琶湖の浄化のために行ってきた各種施策を、洞庭湖の環境に合った形で提供するプロジェクトを実施。今回その成果について報告会が開かれた。

 洞庭湖は、面積2820平方キロと、琵琶湖(670平方キロ)の4倍以上の広さを持つ中国で2番目に大きな湖。かつては、中国一の湖だったが、揚子江から流れ込む土砂や人為的な開発によって縮小した。また、近年では河川一帯の経済発展に伴い、工業排水や農業排水などのために水質汚染が進み、地域の漁業に深刻な影響が出ていたという。

 琵琶湖は、1970年代の後半に工業排水や生活排水が原因で赤潮などの発生による水質悪化が深刻化した。その時に県民運動として湖を守る運動が盛り上がり、県は、赤潮の原因となる「リン」を含んだ合成洗剤の販売・使用を禁止することなどを盛り込んだ「琵琶湖条例」を1980年7月に制定。下水道の整備も進めるなどして、水質の改善に成功した。

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク