中国人はなぜ「持ち家」に執着するのか、米国人教授の分析とは=中国メディア

中国人はなぜ「持ち家」に執着するのか、米国人教授の分析とは=中国メディア
中国メディアは、「なぜ中国人は家を買うことにそこまで夢中になるのか」分析した記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 日本人の持ち家率は比較的高く、日本全体では6割ほどに達する。しかし、中国人の持ち家志向の強さは半端ではない。中国メディアの今日頭条は17日、「なぜ中国人は家を買うことにそこまで夢中になるのか」分析した記事を掲載した。

 記事は、中国の1980年代と90年代生まれの持ち家率は70%で、「世界平均の40%を優に超えている」と紹介。残りの30%も、「購入準備中の人たち」だという。執着とも言える中国人の住宅の購買意欲について、米プリストン大学の教授は、「中国は日本を超えるほど経済発展したが、それに価値観が追い付いていない」と指摘。結婚に際して家を持っていることが必須という価値観は西洋人からすると理解しがたいものだが、中国人は農耕民族だったため土地と家に執着し、「住宅に安心感を求める」傾向があると分析した。

 また、この教授によると「家は投資対象」という考えも中国では根強いという。不動産以外の安定した投資先が見当たらないため、不動産に集中するので家がどんどん売れるのだと論じた。そして、不動産価格が上昇すると「今買わなければ」と思うのも中国特有の思考回路で、さらに不動産が上がり続けるのだと分析している。

 さらに別の理由として「メンツ」も関係していると指摘。住宅は「経済力を見せつける最高の手段」であり、家の大きさと数がステータスになっていると指摘している。同教授は「中国人にとっての不動産は、他国にとっての貯金のような感覚なのだろう」と推測している。

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月19日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。