中国人はなぜ高額な費用を払ってまで「日本で健康診断を受けたがるのか」=中国メディア

中国人はなぜ高額な費用を払ってまで「日本で健康診断を受けたがるのか」=中国メディア
中国メディアは、日本人が20万円で受けられる健康診断が中国人は40万円もかかるとしながらも、「なぜ中国人は日本で健康診断を受けたがるのか」と題する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
       
 近年、病気の治療や健康診断のために日本を訪れる中国人富裕層が増えている。中国でも医療技術は上がっているはずなのに、なぜわざわざ日本にまで来て健康診断を受けるのだろうか。中国メディアの今日頭条は21日、日本人が20万円で受けられる健康診断が中国人は40万円もかかるとしながらも、「なぜ中国人は日本で健康診断を受けたがるのか」と題する記事を掲載した。

 記事は、メディカルツーリズムを企画している会社の社長の見解として「なぜ中国人が日本で健康診断するのか」を紹介している。インタビューに応じた旅行会社社長によると、取り扱っている主な検査内容は胃カメラによるがん検診で、日本の健康診断は苦しくないので人気だという。また、中国では設備の数がまだ少ないPET―CTは1日に受けられる人の数を制限しているため、より丁寧に検査してもらえると好評だとした。逆に、超音波検査や血液検査、手術は中国国内で済ませる人が多いようだ。

 それにしても、費用は問題にならないのだろうか。記事は、外国人が健康診断を受けると1.5―2倍ほど費用がかさみ、そこに通訳料も加われば40万ほどすると紹介。しかし、ほとんどが企業家とその家族、あるいは企業のトップといった富裕層のため、費用の問題はないようだ。それよりも、日本の病院でしか受けられない「サービス」の満足度が大きく、日本へのメディカルツーリズムは2016年頃から口コミで広がっていると伝えた。

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年6月25日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。