日韓がWTOで激しい喧嘩、中国ネットでは「韓国が慰安婦補償協議を放棄したから」との声も=中国

日韓がWTOで激しい喧嘩、中国ネットでは「韓国が慰安婦補償協議を放棄したから」との声も=中国
中国メディアは、「日韓が世界貿易機関(WTO)で激しい喧嘩を繰り広げている」と題する記事を掲載し、日本と韓国それぞれの主張を取り上げた。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 日本政府が1日に発表した韓国への半導体材料の輸出規制強化は中国でも話題となっているが、中国メディアの第一財経は11日、「日韓が世界貿易機関(WTO)で激しい喧嘩を繰り広げている」と題する記事を掲載し、日本と韓国それぞれの主張を取り上げた。

 記事は、韓国がWTOの理事会会議で臨時議事日程の獲得に成功し、会議に参加していたWTOの加盟国の前で韓国に対する日本の輸出規制措置はWTOの自由貿易原則に違反しており、世界の電子製品のサプライチェーンをかき乱していると主張、さらに、G20で示した公平な自由貿易を支持する態度を「豹変させた」と告発したと伝えた。

 また、こうした告発を受けた日本側は会議上で、日本が講じた措置は輸出規制ではなく、ただ、以前に韓国に対して実施してきた簡素化した手続きを通常の状態に戻すものであり、WTOの規則に決して違反していないと反論したことを伝えた。

 WTOの会議の場では、日韓以外のWTO加盟国のなかで日韓それぞれの主張に対する公の見方を発表した加盟国はなかったと伝えたが、記事は日韓の「舌戦」において、日本側の態度は強硬であり、いかなる措置も撤回しないという声明を何度も発表していることを説明した。

 記事では、日本が今回の措置を講じた理由については言及されていないが、中国ネット上では今回の事件はすでに調印されていた慰安婦補償協議を韓国側が一方的に破棄したことを起因としており、日本側の措置は正当防衛であるという声も見られる。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
新幹線に乗ってみた! ついでに「中国高速鉄道と比較してみた」=中国メディア
韓国への輸出規制、日本の素材・材料分野における「強さ」を改めて実感=中国メディア
韓国で日本製品の不買運動、中国ネットの反応は「意志力には敬服するが・・・」
中国人の視点で考察する「日本と韓国がいつも揉め事ばかり」の理由=中国メディア
北方領土問題で日本はなぜ「ロシアに対して強気に出られるのか」=中国メディア

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2019年7月12日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。