京アニの大惨事に「我々はどうしてこんなにつらく、悲しいのか」=中国

京アニの大惨事に「我々はどうしてこんなにつらく、悲しいのか」=中国
中国メディアは、「京アニが火災に遭って、我々はどうしてこんなにつらく、悲しいのか」と題する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 京都市のアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオが放火され、多数の死傷者が出たニュースは、中国でもすぐに拡散され注目を集めた。突然の悲劇に日本のみならず中国や世界からも哀悼の意が続々と寄せられている。反日感情の強い中国だが、日本アニメのファンも多く深い悲しみに包まれている。中国メディアの今日頭条は20日、「京アニが火災に遭って、我々はどうしてこんなにつらく、悲しいのか」と題する記事を掲載した。

 記事の中国人筆者はこのニュースを知り、かなりのショックを受けたという。この「暗黒の1日」を振り返りながら「なぜこんなに悲しくなるのか」気持ちを整理しつつ分析している。

 記事はまず、この日の様子について、問題の大きさが明らかになるとすぐ中国のネット上にはアニメーターらの無事を祈るコメントでいっぱいになった、といかに注目されたかを伝えた。しかし、その祈りもむなしく、犠牲者が出てからは、混乱した頭で京アニの作品の数々を思い返していたそうだ。

 筆者には日本アニメのオタクの友人がいるそうで、「けいおん!」をきっかけに日本アニメにはまったという友人は、「失恋したような気持ち」と喪失感の大きさを語った。筆者は、日本のアニメは好きだがオタクというほどではない自分がこれだけのショックを受けているのだから、日本アニメを心のよりどころにしている多くの中国人はどれだけつらいだろう、と気持ちを推し量り、「きっとパリのノートルダム大聖堂が消失したときクリスチャンが受けたショックと同じなのだろう」と想像している。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2019年7月22日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。