日本の農業技術は世界の先端を行くが、食料自給率は先進国で最低レベルだ=中国メディア

日本の農業技術は世界の先端を行くが、食料自給率は先進国で最低レベルだ=中国メディア
中国メディアは、日本の農業について、農業従事者の数が急激に減少し、食料自給率も4割に満たない厳しい現実に直面していると報じた。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 中国メディア・東方網は13日、日本の農業について、技術や農作物の品質が非常に高いことで知られる一方で、農業従事者の数が急激に減少し、食料自給率も4割に満たない厳しい現実に直面していると報じた。

 記事は、農林水産省が6日に発表したデータで、2018年度のカロリーベースの食料自給率が前年度に比べ1ポイント低下して37%となり、過去最低水準に並んだことが明らかになったと紹介。昨夏の北海道などでの低温や日照不足で小麦や大豆の生産量が大きく減少したことが原因だと伝えた。

 そして、食料自給率は国の食料供給の安全レベルを示すものだとしたうえで、日本の農業技術や農作物の品質は世界トップクラスだと認識される一方、日本の食料自給率は近年減少し続けており、中国の85%、米国の150%、フランスの300%などに比べると非常に低く、先進国中で最低レベルだと説明している。

 そのうえで、日本の食料自給率が非常に低く、毎年の輸入量が高止まりしている根本的な原因は「やはり日本の地形にある」と指摘。山地が多く、平原が少ないことから大規模な農業生産を行うことができないとした。また、日本の人口が面積のわりに非常に多いため、特に小麦、大豆、トウモロコシといった主要な穀物の大半を輸入に頼らざるを得ないと伝えた。

 また、日本人にとっても最も大事な穀物であるコメについても、他の食料に比べて自給率が高くなっているものの、それでも毎年大量のコメを外国から輸入しなければ自国の需要を満たすことができない状況だとしている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2019年8月14日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。