同じ「8月15日」でも、日本と韓国は全く違う態度を示した=中国メディア

同じ「8月15日」でも、日本と韓国は全く違う態度を示した=中国メディア
終戦記念日の8月15日は、日本では武道館で戦没者追悼式が行われたが、お隣の韓国では、この日を「光復節」と呼んでおり、日本による植民地支配からの解放を祝う式典が開かれた。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 終戦記念日の8月15日は、日本では武道館で戦没者追悼式が行われたが、お隣の韓国では、この日を「光復節」と呼んでおり、日本による植民地支配からの解放を祝う式典が開かれた。中国メディアの今日頭条は16日、「同じ8月15日でも、日本と韓国とでは全く違っていた」と題する記事を掲載した。日韓関係の今後について、日本と韓国はこの日全く違う態度を示したという。

 記事はまず、毎年この日にはどちらも式典を開いているが、今年は日本では令和初ということで新天皇の発言に注目が集まり、韓国では日本との貿易摩擦の中での文大統領の言葉に注目が集まったと伝えた。

 記事は、天皇陛下の発言は過去への「深い反省」に言及し、これまでの表現をほぼ踏襲したと紹介、高く評価している。しかし、安倍首相はあいさつで「歴史の教訓を深く胸に刻み」と先の戦争に触れながらも、「謙虚」という言葉は削除し、これまでと同様アジア諸国への加害責任には触れなかったため、安倍首相の態度は「かなりあいまい」で、この日に閣僚の靖国神社参拝はなかったものの、「はっきりとした後退」が感じられたと厳しく批判した。

 一方の韓国について記事は、文大統領があいさつの中で日本に関する表現を「かなり抑えていた」と分析。歴史問題で日本を責めるような発言はなく、むしろ、戦後補償問題において日本が一定の努力をしたとの認識を示したと伝えた。また、東京五輪にも言及し、日中韓が東アジア友好の基礎を築く絶好の機会だと述べ、韓国国内で出ている東京五輪ボイコット論をけん制した。記事は、経済も支持率も厳しくなっている文政権が、安倍政権と「和解したい」気持ちがあるのだろうと分析した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2019年8月20日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。