増え続ける日本の債務残高、「債務危機は一触即発」では? =中国メディア

増え続ける日本の債務残高、「債務危機は一触即発」では? =中国メディア
中国メディアは、日本の債務危機は一触即発だと主張する記事を掲載した。中国も他人事ではないとしている。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 日本の債務残高は年々増加しており、2018年には1300兆円の大台に乗り、今年は1325兆円となった。世界の債務残高対GDP比ランキングでも、日本はギリシャを超えて世界1位となっている。中国メディアの今日頭条は25日、日本の債務危機は一触即発だと主張する記事を掲載した。中国も他人事ではないとしている。

 記事はまず、日本経済がいかに落ち込んでいるかを指摘。2018年に日本の国内総生産(GDP)が世界全体に占める割合は6.0%に過ぎなかったのに対し、中国は15.9%で存在感を示していると比較。1994年は日本が17.7%で中国が2.0%だったのと比べると逆転していることがわかる。

 また、日本は税収が減少しているのに支出は増加していると記事は指摘。1992年の税収は62兆円を超えていたが、リーマンショック後には37兆円ほどにまで減少、現在では62兆円程度にまで回復したが、政府支出は増加を続けており、予算は101兆円にまで増え、「収入と支出の差額が拡大している」と日本の財政状況の厳しさを強調した。

 そのため記事は、日本はすでに財政破綻の危機に直面していると考える学者もいると紹介。借金の多くが国債で賄われており、誰が国債を買っているとしても「借金は返さなくてはならない」ものであり、そのつけは結局「消費税増税」という形で日本国民に回ってくると主張した。加えて、日本は高齢化社会となっていることも日本経済を厳しくしている要因の1つだと言われていると伝えた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2019年8月29日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら